2009/6/25

ウルトラマンとウルトラセブン  LPレコード


クリックすると元のサイズで表示します


こちらのレコードなんですが、たまに引っ張り出して聴くと、実に懐かしい!私が、それ世代なので尚更ですが、最近のウルトラシリーズを見ると、当時と違い、テーマの掘り下げ方が如何にも浅く、完全に子供向けなんだなぁ〜と思います。ここでウルトラQの事は、深く触れませんが、元々は、米国のテレビ番組の「トワイライト・ゾーン」の日本版が作れないか?との意図で製作したシリーズです。当然、ウルトラマンもその延長上に在るので、いくら荒唐無稽な話とは言え、裏付けは必要です。巨大化するヒーローは、日本独自のものです。これから先の論議は別件に廻すとして、本題に戻りましょう!こちらのレコードは、表にウルトラマン、裏にウルトラセブンの劇音楽が収録されてます。これは、単なるBGM集では、在りません!実は、劇音楽を担当した作曲家自身が、フルオーケストラ用に編曲したもので、交響組曲でも良さそうなものですが、交響詩と言う扱いになってます。演奏は、卓越したものですが、録音当時は、前年に「スター・ウォーズ」が公開された影響を受け、ジョン・ウィリアムス風のアレンジに聴こえます。収録は、1978年です。ですが巧みに捌いてるのは作曲家の技量だと思います。ウルトラマンは、テレビ用のオリジナル作品から聴き比べると奥を拡げ、空間を感じる程、スケールが増しましたが、要所の壺が弱く、些か力強さに不足する様に思えます。聴かせ処は、しっかり聴かせてほしいものです。それと比べれば、やはりウルトラセブンの方が、元々スケールが大きい曲なので、フルオーケストラの威力を感じますね!しかし、こちらもシンフォニックな面が重視されている割には向上感に欠けるのが残念です。



クリックすると元のサイズで表示します
King SKA-254 LP 1979

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ