2012/9/10

訳在りの1951年のザルツブルク音楽祭  歌劇・楽劇


クリックすると元のサイズで表示します
EMI 7243 5 65751 2 7 2CD 1995


これはフルトヴェングラーが1951年のザルツブルク音楽祭で振った「オテロ」の演奏をCD化したものです。巨匠にあっては珍しいヴェルディですが、音楽祭の運営委員を務めたアイネム(作曲家)が打診したプロジェクトです。1941年にウィーン国立歌劇場で楽劇の演出(トリスタンとイゾルデ)を手掛ける程に演劇に精通した巨匠なので、シェイクスピアにも造詣が深いとの抜擢かと思いきや、政治的な圧力や確執が裏で在ったと思える節もあります。それは、EMIのプロデューサー、ウォルター・レッグとカラヤンの関係とザルツブルク音楽祭の運営委員であるアイネムとカラヤンの確執が絡み合っての結果です。だけど元を辿れば原因は、レッグが作ったとも言えます。思えば、ナチス政権下のドイツでも要因になる要素は在りました。後になって解った事ですが、カラヤンは巨匠を尊敬し、常に敬意を払ってました。巨匠も当初は有能な新鋭指揮者と認めてました。巨匠と言えば、当時、ヒトラーやゲッペルスから重用されたものの、ナチスが弾圧した作曲家、ヒンデミットの擁護をしたり、ユダヤ系音楽家を助けたりして、党内からは嫌われており、ゲーリンク支配下のベルリン国立歌劇場の総監督ハインツ・ティーテェンとも険悪な状態でした。そこにカラヤンを担ぎ出し、仕事をさせたものですから巨匠が不快感を持つのも当然です。それからカラヤンに対しての一念が戦後迄燻り続けると言う事です。それから双方、ナチスのプロパガンダ政策に加担した理由で戦犯容疑に掛けられますが巨匠は、イェディ・メニューヒンやマックス・ラインハルトの証言により戦犯容疑は晴れて再び音楽活動を再開し、カラヤンも同時期に再開します。そこに登場するのがEMIのプロデューサー、ウォルター・レッグです。カラヤンとの出会いの経緯は判りませんが、1946年にレッグによるプロデュースでレコーディングされてるので恐らく戦後すぐとみて良さそうです。敢えて謹慎処分中で「公的な場」の謹慎を逆手に取り「私的な場」で録音をしたのは有名な話です。カラヤンがザルツブルク音楽祭に復帰したのは1948年からですが、レッグは巨匠とウィーンフィルの録音を1947から初めてました。そこで二人を和解させて仕事の幅を増やそうと画策したそうです。それで、実際会わせたら意外と打ち解けたらしいのですが、何故か翌年からカラヤンに音楽祭では振らせないと宣言しました。とは言うものの決定していた演奏会は在り、出番は少ないながら指揮は出来ました。それを不遇に思ったのか、1950年に全曲録音を巨匠で企画されたとされる「魔笛」をカラヤンに急遽変更させてしまいます。何故それが判明したかと言うと後に巨匠が、ウィルマ・リップとテスト録音された音源が発見されたからです。これでカラヤンとの確執は決定的となり、ウォルター・レッグとの関係も上手く行かなくなります。因みにザルツブルクで巨匠が振っていたメンバーが楽団共々そっくりそのままと言う曰く付きの録音です。ここでザルツブルク音楽祭の運営委員の事に話を戻しますが、マックス・ラインハルトと共に運営委員を務めていたゴットフリート・フォン・アイネムは、なんとパウル・ヒンデミットの弟子でした。ザルツブルク音楽祭自体、発足にユダヤ系音楽家が多数協力してましたので無理もないですね!因みにブルーノ・ワルターはマックス・ラインハルトと共に運営委員を務めてました。ですからアイネムは師匠の問題から見ても反ナチスで巨匠側の人なのでナチス政権下時代からの確執が在ったと考えられます。それから巨匠に弾圧されたカラヤンは、巨匠の死後、権力に執着し、帝王と呼ばれる様に成ったのは、この時代の苦い経験故の事と推察出来ます。これで晩年迄、フルトヴェングラーを意識し続けたのも理解出来ます。その頃のドキュメンタリーを見ると巨匠との確執について、「真実は、俺にしか判らない!」と嘆く様に言っていた事が印象に残ります。さて、「オテロ」の話に戻りますが、モーツアルトを中心にドイツ、オーストリア系の作曲家の作品をプログラムに組む音楽祭にしては極めて異例の演目と言えますが、これは巨匠に組んだプロジェクトか疑問に感じます。何故かと言うと歌劇の場合、長いスタンスで演目を練るのが普通ですから、もしや誰かのプロジェクトが移行したものと考えられます。それは誰か?憶測ですが、カラヤンでは?と推測を出来ない訳でもございませんか?アイネムは浮いたプロジェクトを巨匠に打診したのでは無いかと疑問が湧きます。実際、カラヤンは、イタリアオペラに精通してました。そう考えれば合点が行きます。幸い録音が残っており、現在では、CDで聴く事が出来ます。配役は、オテロは、ヴィナイで、イヤーゴは、シェフラー、デズデモーナは、マルティニスです。そして演奏が意外と良く、極彩色で絢爛なヴェルディ節を期待すると色彩感は控え目ですが、シェイクスピアの演劇を音付きで観てる様な感じがします。割りと壺にハマった演奏と言えます。中でも第2幕の信条の歌は最高で最後のリタルダンドも堂に入ってます。この演奏は最近再評価されてますが、私も賛成です。

人気ブログランキングへ 
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ