2013/3/28

不滅の名盤  器楽曲


クリックすると元のサイズで表示します
Toshiba EMI GR-16/18 3LP 1959


コンパクトディスクが全盛と成ったものの現在では衰退の一途を辿っているようだが、その中に在っても「不滅の名盤」なるものは何とか存在するようだ!しかしながら所謂デジタル録音では嘗てのアナログ盤程の数は無いようである。だから此処で挙げるのは勿論アナログ・レコードの事である。と言うのも最近夙にアナログ媒体の重要性を再認識する事が続いているからだが、あれだけアナログとの比較に於いての優秀性を宣言しておきながら結局アナログに勝るもの無しと思わせる結果も否定出来ないからである。これは私自身の不平かも知れないがCD初期に購入した物が再生不能に陥る事態が続いている。それもリマスターで音質が向上したと散々謳われたCDもまともに聴けない事からアナログ盤を買い直す愚行も続いているので尚更である。何故そうなったか?それは簡単な事だがCDのデジタル信号の要であるレーザー光線を当てるメッキ部分が錆びるとか劣化する事で再生不能と成るらしい!これではどうしようも無い!つまりユーザーに示した技術上の神話は既に崩れ去ったと言う事である。そんな訳でアナログ・レコードは私にとってはまだまだ現役の媒体なのだが、音楽を聴く上では現在に於いても重要である。此処で紹介するのは、パブロ・カザルスのレコードだが勿論バッハの曲である。それも無伴奏と在っては何の説明も必要ないと思うので野暮な事は述べないでおこう!人によっては懐かしいジャケットだと思うが、私はこのレコードに辿り着く迄に仏パテとEMIの国内盤やナクソスのCDを購入して聴いたものの、どうも納得が行かずに結局勿体無い話だが全部手放してしまった。つまりCDの音には何の感激もしなかったばかりかカザルスのバッハの魅力を伝えるCDでは無かった。それでせめてアナログ盤でも聴き直せば印象も違うのかな?と探して見つかったのが、このレコードである。幸いこのレコ−ドにはカザルスが言わんとしたメッセージが聴き取れそうな情報量を感じる復刻状態だった。不満なのは彫りが浅く些か平坦な音色なのが残念な点である。そのうちに真空管アンプの製作でもしてみようかと思うが、同時にSPレコードでも探してみるのも手であろうと思っている。早く理想的な条件で演奏の真髄に迫ってみたいものである。そう思わせる魅力が在る演奏である。

人気ブログランキングへ 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ