2013/8/30

カルロス・クライバーのシューベルト  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
Polydor Japan POCG-1188 CD 1990


シューベルトの交響曲と言うと即座に浮かぶのは、5、7、8番位だろうか?現在は研究が進み以来の番号ではなく、然もまだ慣れていないので番号が曲の旋律と一致しない人も居る事だろう?私もそんな感じだ。此処ではカルロス・クライバーの演奏を紹介するが、巨匠と言えば気難しい人でキャンセル魔としても有名だったのだが、レコーディングも直前や途中で止めたものも多く在るとの事だ。しかしその割には御蔵になった録音が発売されないのは何故だろうか?推察されるのは、その殆どが録音前にキャンセルされたものなのだろう!そう解釈した方が自然だ。なれど巨匠が公認していないものを遺族が許可するのも拒んでいるのかも知れない!巨匠の新録音が発売されなくなったのは、いつの事だろう?たぶんウィーンでのニューイヤー・コンサートが最後だった感じもするのだが?それに後になってから本人が許可したもののマスターテープが劣化して再生不能になったものも在る。バイエルン国立歌劇場管弦楽団で演奏したベートーヴェンの田園交響曲が正しくそうだが、これは巨匠の気紛れに呆れていた関係者が「あんなもん、どうでもいい!」なんて言ったかは解らないが、自身の息子の為に残したカセットテープの音源を元にCD化された。本末転倒とは、この事だろう!さて此処で紹介するのは1978年の独DGGへのもの。私はCD化されたものを所有しているが、リマスターは良好なので巨匠の妙技を充分堪能出来る。巨匠の指揮振りは独特だった。流麗で格好良く、見ていると思わず真似たくなる程、エレガントなものだった。正に惚れ惚れである。そして演奏は電光石火とも表現したくなる輝きが在る。曲は、シューベルトの第3交響曲と現在では7番に変更になった未完成と言われているものである。正直、シューベルトの3番の交響曲は、余り聴く機会はない!だからいつも新鮮な気持で聴く事が出来るので、今回も始めてこの曲に接するが如く感想を述べよう!楽団はウィーンフィルである。第1楽章冒頭のフォルテシモは衝撃を受けるが、その後の木管が何とも素朴で美しい!それからクラリネットによって第1主題が軽やかに演奏されるが、常に巨匠の鋭い音楽性が音として確認出来るのが嬉しい!そして新鮮で力強い!だがシューベルトの若書きによる限界みたいなものも同時に感じるのは仕方在るまい!寧ろ作曲当時の衝動を再現している。実に溌剌とした演奏である。続く第2楽章も音色が明るい!凛としたウィーンフィルの弦パートが美しいが、此処でも木管が活躍する。聴いているとウィーンフィルの特質も現在と違うように感じる。正にカール・ベームが振っていた時のあの音が、この演奏でも聴ける。メヌエットもコントラストが明確でトリオとの対比を付けている。主題の描き分けが巧みなのは終楽章とて同様である。ベームのようなスケール感は無いが小気味で楽しい!聴き終わると全曲を貫く一本の線に巨匠の意思を感じる。次は現在では7番とされる未完成交響曲だが、まだ8番と言った方が、しっくりとくる。曲の導入部は然程重くないのだが慎重な感じだ。テンポも速いのだが聴いていると以前に聴いたような演奏スタイルである。歌謡性の在る旋律は美しくフォルテは電光石火のように響く、正に父上であるエーリッヒとそっくりである。流石に親子なのだなとも思うが巨匠は父上の総譜をよく研究していたのは有名である。その成果がそれだとするのも強ち間違いでは無いようだ。エーリッヒはベルリンのオケでもウィーンのオケみたいに振っていた。そう感心しているうちに第1楽章は終わってしまった。第2楽章も基本的には変わらない!各主題の対比を明確にしたキッパリとしたものである。そして厳しい!優美な旋律も直向きで真の音楽を奏でてくれる。これは色々な意味で衝撃的な演奏だが、返す返す録音が少ないのは残念である。

人気ブログランキングへ 

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ