2013/11/22

山田一雄の第九  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
Fandango-Records 25NW3004 CD


何気に中古CD店に寄ったら山田一雄さんが、札幌交響楽団でベートーヴェン・チクルスを組んだ時の「第九」が何と300円で売られていた。手に取ると何だかとても不憫な感じがしたので購入したのだが未開封盤だったので更に悲しくなった。生前の山田一雄さんのイメージと言うとマーラーや伊福部昭さんの曲を指揮する姿が浮かぶのだが、私の地元のオケである札幌交響楽団の演奏会も思い出深い。だが私が聴いた演奏会は悲しくも死の前年のベートーヴェンだった。それは「エグモント」序曲で始まり、交響曲第2番と第5番で終わるものだった。そして次の年にも来て「第九」を振るのをチェック済だったので、とても楽しみにしていたのだが、どうしても予定が合わず残念な思いがしたものである。そしてその年に他界してしまった。会場は現在、ニトリホールになっている厚生年金会館だった。此処の大ホ−ルはいつも響きが何となく乾いた感じで金管ばかりが突出して聞こえるのが不満だったが、巨匠(此処からそう称する。)の熱っぽい演奏に最後はどうでも良くなったのを覚えている。但し2番は響きが散ってこじんまりと聞こえたのは残念だった。これから紹介するCDは正に聴けなかった「第九」である。聴きに行こうと思っていて行けなかった演奏会のものなので聴いていると、とても感銘深い。だから懐かしさも在り、多少「痘痕も笑窪」みたいな評になるとは思うが、此処はひとつ御許し願いたい。その時代はバブル期だった。だから地方オケの録音も現在より盛んに行われていた印象が在る。つまり財力がものを言うのである。このCDもそんな一環で可能になったものだと思う。感想を述べよう。序奏部は軽い感じもするが、ホールの響きが起因するかも知れない。それにしてもオケの響きは豪快だ。テンポは遅めなのだがダレずに重厚で、これこそベートーヴェンと言う感じがする。聴いていると何か居切り立っているような印象も受けるが情熱が成せるものでオケも感化されているようだ。だから響きも荒くなる。聴いていると札響のベートーヴェンも良いものだと今更ながら思う。展開部は、そんなに力んだ演奏でもないのに嵐のようである。各主題が生き物のように襲い掛かるのも生きた音楽が目の前に展開されているのを実感させる。此処までくると録音の不満が無くなるのだから不思議だ。終止部は生命感の在る骨太な響きで終わる。第2楽章は、すっかり演奏に乗ったオケの有機的な演奏が楽しめる。前楽章の緊張を保ったまま進むので聴いていても楽しいが、この手の演奏も最近では聴かれなくなっただけに貴重な感じがする。オケの響きも余り磨かれていない。第3楽章は心のアダージョだ。慈愛に満ち溢れ聴いていると心が暖かくなる。テンポは遅からず早からずだが途中からやや早めで流れが良い。例の天上からの警告もそれ程鋭く演奏されていない。終楽章冒頭は些か弱い印象も在るが、ペース配分を考慮した結果とも思われ、「職人的な一面も在るのかな?」とも思う。テノールが入るまでの演奏は然程神経質にならないので聴きやすい。一声は大野徹也である。とても誠実な印象を受ける。合唱は札幌アカデミー合唱団と札幌放送合唱団の混合編成である。バリトンの木村俊光も安定した歌唱で流石と思わせる。最初の合唱の後のマーチも快適である。曲が進むと渾然一体になった充実感が素晴らしいが、巨匠の目も充分行き届いており、造型も確かで揺ぎ無い。ソプラノの大島洋子、アルトの西明美も好演だ。終止部にも節度が在り、熱狂的では在るが最後まで神経を配っているのは巨匠の才覚だろう。これは1991年5月20日に行われた札幌交響楽団、第325回定期演奏会からの実況録音である。

人気ブログランキングへ 

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ