2013/12/30

ロストロポーヴィチのブラームス  室内楽


クリックすると元のサイズで表示します
The Bruno Walter Society-Nippon Columbia OW-7220-BS 1980 LP


ムスティラス・ロストロポーヴィチは、ルドルフ・ゼルキンと共にブラームスのチェロ・ソナタを1982年に独.DGGで録音しているのだが、その演奏を聴いて何だか物足りなさを感じる人も居る筈だ。確かに朗々たる演奏で如何にも大家の余裕を感じさせるのだが、あまりにも楽曲に対して消極的過ぎて、もう少し表情の豊かさが在っても良かろうと思ってしまう。ゼルキンの伴奏も従順過ぎた。だからその反動で積極的な演奏を聴きたくなるのだが、同じ朗々とした演奏でもピエール・フルニエがウィルヘルム・バックハウスと組んだ同曲では、もっと深いものが在った。更に哲学的で難解なブラームス像さえ浮かび上がる名演だった。確かにブラームスには、そんな一面が在るのだ。そこで出会ったのが、このレコードである。然も音源も不明な悪名高い?ワルター協会盤だ。幸いと言えばステレオで収録されている位だろうか?しかし残念な事に1番しか聴けず、録音データーも単に1974年に収録したものであるとしか解らない。だが演奏は魅力的だ。実況録音らしいが、スヴィアトスラフ・リヒテルと組んだ事で生じた相乗効果が素晴らしく、互いの個性で火花を散らす名演となった。第1楽章を聴いてもそうだが、再録の演奏が嘘のように表情が大きくダイナミックレンジも広い。ブラームスの内省的な一面も充分表しているのだが、内に秘めた情熱が発露する瞬間が素晴らしく、その躍動感は後年のものにはないのだ。伴奏のリヒテルは曲の全体像を静観しており、客観的だが、時に自身の主張は通す強さがある。第2楽章も基本的な姿勢は変わりない。とても表情も細かく、揺れるように儚い曲の心理が上手く表現されている。終楽章は、宛らその集大成と言ったところだろう。双方の絶妙な呼吸に聴くべきものがある。裏面には、グリーグのチェロ・ソナタが収録されている。此方の収録年も1974年である以外の事しか解らない。勿論、会場も不明だ。演奏は曲の特性のせいか、互いの主張は更にぶつかり合う。表情も艶かしい。此方は熱演だ。

人気ブログランキングへ 

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ