2014/3/27

ホーレンシュタインの「第九」  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
Vox-USA STPL 510,000 LP


これは米.Voxが、ウィーンに出向いてレコーディングをしていた時代のレコードだが、ベートーヴェンの「第九」としては、初めてレコード一枚に収まった「第九」としても知られているものだ。しかしながら此処で紹介するのは、再販で然も擬似ステレオである。だが処理は適切で、少し音場を広げただけで不自然な感じはしない。とは言え、古い録音なので装置によっては聴き辛いかも知れない。収録年は購入当時は不明だったが、後から1956年なのが解った。ヤッシャ・ホーレンシュタインと言うと通向けとも何とも音楽ファンには微妙な存在だが、マーラーが好きな人には、やはり気になる指揮者でもある。とても理知的で積極的な音楽表現をする印象も在るが、このベートヴェンとて同様である。楽団は、ウィーン・プロ・ムジカ交響楽団としているが、どうやらこれも覆面楽団のようだ。実態はウィーンフィルの楽員が中心になっているらしい?その縁か、ウィーン楽友協会合唱団も起用されている。歌手は豪華だ。ヴィルマ・リップ(S)、エリーザベト・ヘンゲン(A)、ユリウス・パツァーク(T)、オットー・ヴィーナー(Bs)と、つまりそれを含め、当時のオールウィーン・メンバーが結集したレコードと言えるだろう。さて演奏だが、聴いてみると実際の演奏時間よりも早く聴こえる。しかし第1楽章は音楽の骨格と言おうか、構成面を明らかにして行く処も在り、ちっとも説明的ではないのに楽曲の構成が良く理解出来る。それが巨匠の特徴である理知的な音楽性なのかと思うが、同時にとてもレスポンスが高い演奏でも在るので聴き手に向かって音が飛んで来る印象もある。それがテンポが速く聴こえる要因だろう。そんな感じなので展開部まで一気に聴かせる勢いが物凄い。その分、スケール感は程々だが求心性は強い。第2楽章も基本的には変わりない。だがリズムは意外と強剛だ。此処でも音の動きが明快だ。それは巨匠のポリフォニー感覚が如何に優れているかの証でも在る訳だが、デリカシーも在り、その音楽性がマーラーの大家としての存在を表しているように思われる。音楽の切り口は鋭い。第3楽章も同様の表現で一環している。だからあまり表情的ではないのであっさりしている。此処まで凭れず聴ける演奏もないだろう。但し「警告の喇叭」で少し落ち着く。第4楽章冒頭もあまり騒がしくなく始まる。だがこれで充分だ。此処でも巨匠の構成的解釈がものを言っている。それに独唱が入るまでも変に神妙振らないのも良い。だが音楽は膨れ上がる。さて独唱だが、オットー・ヴィーナーの気品に満ちた一声が良い。合唱は最初は力がないが、綺麗なハーモニーを聴かせる。マーチの後はユリウス・パツァークだが、少し弱い感じがする。その頃には合唱も何かに感化されたように熱を帯びているが、巨匠は良く綱を締めている。合唱は、男性合唱が少し弱い感じがするが、混声でバランスが取れる。流石に後半に差し掛かると渾然一体となって行くが、此処でも音の見通しが良いのには関心する。女性独唱者では、ヴィルマ・リップが特に素晴らしい。エリーザベト・ヘンゲンも脇を締めている。フィナーレは、とても華やかだ。尚、演奏には全く関係のない事だが、ジャケットには、ラファエロの傑作「エゼキエルの幻視」が使用されている。それで描かれているのは勿論、知天使ケルビムだが、改めてこの楽曲との係わり合いが知れて興味深い。

人気ブログランキングへ 

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ