2014/4/9

トルコの軍楽  CD


クリックすると元のサイズで表示します
King Japan KICW 1001 CD 1991


急に刺激的な音色で音楽が聴きたくなる事がある。そんな時にはよく聴く1枚である。これは嘗てはLP盤でも発売をされた事もあるとは思うが、「オスマン・トルコ」の軍楽隊による極めて土着性の強い音楽を聴いていると独特のリズムの中から民族性までをも垣間見る事が出来る。それにしても強烈だ。嘗て欧州で起こった「トルコ・ブーム」もファッションのみならず、音楽では、モーツァルトやハイドン、果てはベートーヴェンとその影響は計り知れない。此処では、トルコの軍楽と代表的な曲ばかりを収録しているが、同じ曲を別の軍楽隊でも聴けるので、ちょっとした比較も出来て興味深い内容になっている。アルバムの解説は、民族音楽研究家の小泉文夫氏や小柴はるみ氏がしているので大変充実している。聴きながら読んでいると中々の博学になれる。だからこそ感心しつつも更に知りたくなるのだが、構成もしっかりしており、トルコの古典音楽までも収録されているので、とても聴き応えがある。収録年は、1969年と1971年に行われている。それもあるのか少々圭角の取れた音色だ。もしかしたら嘗てのLP盤の方が、音色も更に刺激的かも知れない。とは言え、この1枚は聴いていても楽しい。

人気ブログランキングへ 

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ