2014/8/13

米ソ冷戦時代の複協奏曲  協奏曲


クリックすると元のサイズで表示します
Sinsekai Victor-Japan SMK-7640 LP


ダヴィッド・オイストラフとムスチラフ・ロストロポーヴッチがタッグを組んだレコードだが、これは巷では名盤だ。だがこの録音が行われた時代は、米ソ冷戦の真っ只中だったので大いに話題になった。それは指揮をしているのが、ジョージ・セルで楽団がクリープランド管弦楽団だからだが、1969年にあっては快挙だったのは政治的な意味合いも含めて当然だと思う。だから解説もそのような観点から触れているのだが、その辺の緊張感も演奏にもある筈だ。それで改めて聴いてみるが、録音に至った経緯もそんな背景なので、正直あまり聴かないレコードだ。しかしながらブラームスがヨアヒムとの仲違い解消の為に書かれた「和解の協奏曲」を選ぶとは心憎い。現在のロシアと米国の関係が、まるで過去に逆戻りでもしているので余計にそう思う。それはともかく聴いてみよう。なので冒頭も如何にも意思的かとも思いきやセルの指揮は意外とリラックスしている。それもあるのかロストロポーヴッチも余裕を持った表現でそれ程重い訳でもない。オイストラフも歌がある。だが曲の特性から暗くなるのは仕方ない。演奏は良く流れてとても見通しが良い。そんな感じなので独奏者同士のバランスも良い。これは「火花散る」とか「互いの鎬を削る」何て言葉とは全く縁のない演奏だ。なので聴き手ものんびり聴いていられる。しかしじわじわと聴いている内に感動さえするのは三者の曲の捉え方が的確で構成面の確かさが如何に優れたものかを知るからなのだが、それこそ流石大家の演奏なのだろう。重厚な歌には圧倒される。そんな第一楽章だった。それに沸々と湧き上がる情熱も勿論ある。アンダンテは、元々牧歌的なので音楽を楽しんで演奏しているのが伝わる程だが、オイストラフも歌に満ちており、それに掛け合うようにロストロポーヴッチもチェロで語り掛ける。それが素晴らしい。余計な講釈を並べる必要もない演奏だ。終楽章も基本は同じだ。此処ではセルが独奏者を煽るのが面白い。当時の冷戦が嘘のような平和な演奏だ。このレコードは、この曲の定番にしても良い位に余計なものがない。録音状態はガサツだが、好きな演奏だ。とても能天気な感想だが、気楽に聴くには、こんな演奏も良い。

人気ブログランキングへ 

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ