2016/4/12

チェリビダッケのブルックナー  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
a Universal Music UCCG-1033 CD 2001


欧州楽壇では所謂、頑固爺さんみたいな人が現在は居ないせいか、この世界に有り勝ちな厳格さや荘厳な感じが薄れてきたように感じる。そんな思いからか、巨匠逝去後にヴァントが注目を浴びたのも理解出来るが、経験がものを言うような職人タイプの指揮者も居なくなった。更に残念なのは存在で圧倒するような人物も居ない事だ。正に「巨匠の時代」の終焉だが、日本でも朝比奈隆のような人も居ない。それにこの手の音楽家は作る音楽も大きかったと思う。だからそれらの巨匠達が存命だった時代は可也夢中になってクラシック音楽を聴いていた人も現在では「なんか寂しい」と思ってる事だろう。現にレコード業界も振るわない。小生もそうだが結局、音楽鑑賞で利用する媒体は未だにアナログが中心なのだ。だからこのblogとてレコードの視聴記ばかりである。なんだか愚痴みたいな前振りだが、本当にそう思う。カラヤン、ベームの時代が懐かしい。此処ではチェリビダッケのブルックナーを取り上げるが、真のブルックナー・ファンとされる人からは意外と敬遠されている。それは聴けば一目瞭然だが、オーストリアの田舎者で素朴な作曲家の作品を「あまりにも磨きすぎないか?」と。そのチェリビダッケと言えば、生前は随分とカラヤンに対し、何処のドイツの新聞社の記事かは忘れたが、「彼が大衆を興奮させることは知っている。コカ・コーラのように」と評したのは有名だ。確かにあれ程にオーケストラの威力を示した指揮者は居ない。これは私見だが、カラヤンの音楽性は演奏効果に対して敏感な音楽家だったと思う。極度に磨かれた音楽が何よりもそれを証明しているではないか。カラヤンと言えばレガートレガートの連発で分厚い音の層で音楽を作った達人だ。それと似た指揮者にはカルロ・マリア・ジュリーニが居るが、この人のレガートは気持ちが悪かった。それこそカラヤンの二番煎じだが、名盤との評価の高い、シューベルトのグレイト交響曲なんぞは楽曲の美しさが過度なレガートで台無しになっている。だが名盤だ。そこに疑問がある。「作曲家はそこまで求めたか?」と。しかしながら此処まで話を伸ばして何だが、チェリビダッケのレガートもその対極にある。それこそ「西の横綱がカラヤンならば、南に居るチェリビダッケは大関か?」と言う事になる。なのでこの二人の巨匠の共通点は凝り性なのかなとも思う程だ。そこでチェリビダッケだが、レガートのデリカシーと言う点では恐らくカラヤンに勝ると小生は思っている。神経が透けて見える程のレガートはチェリビダッケならではだ。だからこのシュトゥトガルトで行われた放送楽団の演奏とて変わりない。曲はブルックナーの交響曲第3番ニ短調である。この演奏は嘗てNHK−FMでも聴いた。然もエアーチェックもしている。それがCD化されたので懐かしい演奏だ。1980年11月24日にリーダハレで行われたものだ。これはラジオ放送が目的のものなので当然、元マスターからでは音響バランスも違う。つまりプリレファンスをされていないバランスだ。だがそこにとやかく文句をつける批評家も居る。さて演奏だが、透けるようなレガートは満開だ。そこに好き嫌いが出るのも当然だが、その放送当時に聴いていた小生は、連続するレガートに「此処まで」と感心をしたものだ。それはあまりにも理屈っぽい巨匠の音楽性に感心をしたからだが、そこから録音が極端に少ない事を残念に思った。話は戻るが、このブルックナーは最終稿とされるものだ。処々に巨匠の掛け声が入る。それが巨匠のファンには堪らないと思う。だからスケルツォはそれで気合を入れている。その上、巨大な造型で質実剛健なのだ。結構肌合いの変わったブルックナーだが、嫌いではない。こんな文章でCDの紹介になっただろうか?

人気ブログランキングへ 

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ