(注 このブログは美容室での残念な出来事がこれから数多く出て参りますが、

けっして残念な美容院ってなわけではございません。

ご理解いただけますと大変書きやすいです。

("`д´)ゞご協力願います!

授乳中のヘアカラーについて  

日々、全国のお母様方がご心配されていること。それは、パーマやヘアカラーの薬害?について。

・ヘアカラーを美容室でしたいんだけど、今子供に授乳中なので・・・、大丈夫かしら?
・ヘアカラーは授乳中しても問題ないの?
・授乳中の私がそろそろ伸びてきた髪にブリーチしても大丈夫かな?
・妊娠3ヶ月。妊婦なんで、ライトナーなら安心だろうか?
・授乳中のブリーチは?

最近よくよく店内で話し合われている、妊活中の方のお悩みというか不安。 パーマやヘアカラーは妊娠に少なからず影響しますか?

妊活中に髪の毛染める危険性など。


妊活中から出産育児に至るまでの胎児や子供に対する様々な影響について不安がたっくさん出てきます。ですが、誰に聞いたら一番安心だろう??


正解はお医者様です。

ですが、今ここをご覧のあなたはきっとそういう気分じゃないでしょう。なので、個人的な見解で恐縮ですが、私の知るお話を書いていきたいと思います。


まず、妊娠とパーマやカラーは関係無いです。
あれば“アルコールは妊娠中は控えてください”みたく、厚生省から全国全ての美容室やメーカー各社に“しつこく”通達が行くと思います。

詳しくはお医者様にということを何回かはさんで書いていきますが、元々こういう化学薬品が微量でも体内に入るとしたらいきなり子宮には行かないでしょう。まず腎臓か肝臓か、体内の毒素を排出するように促す臓器に行くはずです。それから全身に回るのだとしたら・・・って、まわるかな?(笑)


安心してください。

妊娠前にパーマをされた、ヘアカラーをされたとご心配をもしされていらっしゃるお母様が、このブログと初めて出会ったのなら、あなたにお伝えしたいことがございます。

安心してください。

これから体外受精をされるあなたがご不安になられてパソコンを立ち上げ、このブログと初めて出会ったのなら、あなたにお伝えしたいことがございます。

どうかご安心くださいませ。

なるべく誤解が無いようにわかり易く安心感をお伝えできればという形で表現しますと、髪を染めたりパーマをかけて何かしらの影響があるのだとしたら、きっとそれは皮膚に対してだと思います。

かぶれ、染みる、そして低温火傷。酷いのがきっとアレルギー反応でしょう。

全ての物質を皮膚は体内に通しません。先に警告を出してくると思います。それがこれらの反応の仕方だと思います。

当然乳腺にカラー剤がダイレクトに行くはずも無く、また、行く可能性が少しでもあればこのご時勢ですし、厚生省の通達・・の流れがあるはずです。そして当たり前の話なんですが、一度も御座いません。

詳しくはお医者様にお聞き願いたいところですが、皮膚の上の薬品の話がダイレクトには体内に悪影響を及ぼさないという話。今月も一回は書いておこうと思った定期的な記事で御座います。以上。



♪♪♪♪♪





2014 ガロはネット予約可能です!

ご来店頂いた方でご希望された方全員に

・ネット予約オリジナルURL
・お客様専用メール予約

顧客様専用予約URL、予約・ご相談専用携帯メールアドレスを差し上げます!
もちろん電話、フェイスブックでのご予約も大歓迎!

・フェイスブック予約
・0742−51−3987


ご来店お待ちしております!





0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ