(注 このブログは美容室での残念な出来事がこれから数多く出て参りますが、

けっして残念な美容院ってなわけではございません。

ご理解いただけますと大変書きやすいです。

("`д´)ゞご協力願います!

求人メモ  

美容師が一人前になる為に必要な経費は約700万円といわれています。

ちなみにこの中には、学費から人件費まで含まれていますので、あしからず。


例えば、事務員さんは事務を業とします。

彼らを美容師に例えると、どうなるか?

事務員さんの場合。



朝、仕事の準備をします。

就業時間、事務をします。

就業時間後、残業があったりなかったりして、タイムカードを押します。

休日、毎週ではないですが、出勤する会社もあります。




でも、これが美容師だと、

朝、仕事の準備をします。(もしかしたら練習するかもしれません。)

就業時間、美容師をします。(稀に、トイレすら満足に行けません)

就業時間後、残業があったりなかったりして、(更に反省会や、技術の練習をします)タイムカードを押します。

休日、毎週ではないですが、技術や理論の講習会に参加したり、お客様にとって特別な日(結婚式などの冠婚葬祭、そして成人式や入学式・卒業式など)に残業する会社もあります。


いま、新しいスタッフを雇うために頭の整理をしています。


70000アクセス頂いているブログを今、うまく一日のアクセスを一桁まで久々に持って行けたし(笑)


私の結論はこうです。


高給取りに美容師を育てるために、どういうプロセスが最も業界に向いているのか?


事務員さんと比べさせて頂いたのは、ひとつの例として。

・技術系接客業で、異業種の平均賃金と仕事量のバランスを考える

・女性が就業する、一般的な職業と比べて美容師業は何が劣っているか?

・美容師は歩合給を無しにしたら、いったいMAXいくらまでの賃金を受け取ることが可能なのか?


など。


もっとけんしょうしたいと 考えています。



有期雇用の月25万円〜とか、

これをすれば、リミットを結果でコミットする技術の習得と賃金の関係性。

おもしろいかも。


業務委託の20万円〜とか、

どこまでやって頂くかを、明確に雇用契約書に明記して仕事の分担をしてしまう。

これも、まだどこもやっていないと思う。


普通の15万円。

何もできない国家資格を持っただけの美容師に、今から投資するという覚悟を知って頂くだけの経営者になるのかという現実。



なんか、明日これを読み直したら結論が簡単に出そうな予感。


ってか、歩合で稼ごうと考える美容師がいないのが、なんていうんだろ?競争をしたがらない若者の代名詞ということなんだろうか?

歩合で稼げば簡単に500万くらいは年収いけるのに、行こうとしない。





ん〜、だれかガロで働いてくれないだろうか?


♪♪♪♪♪





2014 ガロはネット予約可能です!

ご来店頂いた方でご希望された方全員に

・ネット予約オリジナルURL
・お客様専用メール予約

顧客様専用予約URL、予約・ご相談専用携帯メールアドレスを差し上げます!
もちろん電話、フェイスブックでのご予約も大歓迎!

・フェイスブック予約
・0742−51−3987


ご来店お待ちしております!





0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ