(注 このブログは美容室での残念な出来事がこれから数多く出て参りますが、

けっして残念な美容院ってなわけではございません。

ご理解いただけますと大変書きやすいです。

("`д´)ゞご協力願います!

鹿の角切り  奈良で子育て

日曜日らしい過ごし方だと思う。そして、とてもなららしいすごしかた


月曜日に行こうとは思わなかった、今まではね。


鹿の角切り

江戸時代1672年から行われてきたから始まった、秋の伝統行事。

観覧料も鹿苑がどこにあるのかも、知らなかった。←ここ重要



鹿の角きり


江戸初期の寛文年間(1672年)に危険防止と樹木の保護のために始まった伝統行事。オスジカの角は毎年生え変わり、春先(2〜3月)に自然に脱落して4 月頃から新しく生え出す。秋(10 月頃)に角が完成するためこの頃角きりが実施されます。この行事は、勢子といわれる人たちが、角きり場に追い込まれた荒々しいシカをつかまえ、神官によって角を切るという、古都の秋を彩 る勇壮な行事です。

※ 奈良市観光協会


角きりは元々、人害防止のため南都奉行の手により奈良町の袋小路等で行われてきたそうなのですが、明治に入って観賞席を設けて行われるようになり、昭和に入ってすぐに、鹿苑が完成して、その一部に角きり場も設けられましそうです。



詳しくはこちら 














0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ