(注 このブログは美容室での残念な出来事がこれから数多く出て参りますが、

けっして残念な美容院ってなわけではございません。

ご理解いただけますと大変書きやすいです。

("`д´)ゞご協力願います!

少し悩んでる。  トップページ

これわかるヤシ

是非アドバイスいただきたい。



隊長の可愛いガロんちゅたちの中に自閉症の子やダウン症、知的障害の子や発達障害、あとなんだっけ?情緒障害??なのかな?(色んな方に何度も何度も教えてもらったのに覚えられない隊長ってやっぱ記憶障害??)ってな子たちが来てくれている。


隊長


むっちゃ



子供好きだが、特に大好きなガロんちゅ達のお腹の中にいる、生まれてくる前から知っているチビ達は、どんな“個性”があっても可愛くて可愛くてかわいくていまだに仕方が無いw




たださ






もし彼らと同じ“個性”を持った20歳を過ぎた子が突然来店したとしたらたぶん隊長はサービスを拒否すると思う。










誤解を生んでしまいそうな見解だが、もしかしたら自分自身気がつかないうちにこの“個性”を“差別”してしまっているのかもしれないな。思想がここを読んでる君の志向と違うかったら先に詫びを入れる。本当にすまん。





でもな?

隊長以前そんな個性を持つ人達を助けようとするトヨタ財団だかなんだか知らないが、支援か協賛かこれまた忘れたが、奈良県の障害者を支援するサービスのガイドブックみたいな本を出したNPO団体から依頼を受けて出筆したことがある。


隊長、難しいことは苦手だ。


なので


隊長のしたいことは


そんなちび達のお父さんお母さんへのサポートだ




という感じで書いたと思う。(いや、ちょびっとだけえらそうなことも書いたかも。。



生まれた瞬間にわかる個性もある

2歳になるまで判定が下らない個性もある

団体生活を始めてやっとわかる個性もある








隊長は病気を治せない

ましてや魔法も超能力もない。


両手で持てるもの以上のものは守れないし、そんな経験もなければ知恵も無い。。


ただ、

なんかうちの子は他の子と違うかもしれない


と、悩む親の不安は想像を絶する人生の試練とは言い難い“神”さんはおらん。“仏さん”や、もしかしたら“ご先祖様”すら恨むかもしれない絶望の極地から、悟り・育み・無償の愛の極みに導かれていく姿を垣間見るくらいだがともに過ごした時間を共有できたことに感動した。

ってかそう感じたのさ。

隊長ができるサービスの付加価値は彼らじゃなくて、その親である君たちの力になれたら嬉しいし、もしできるのであれば力になりたいと結論付けたんだ。





当時たくさんの方達から賛同を得ることが出来たが、それは隊長の思うサービスの付加価値が作ることができたのではなく、考えに賛同していただいただけと、ただただ客観的に理解し賛同していただいた彼らへのありがとうメッセはあえて送らなかった。誰一人として。。。

当時はすまんかったな。許せ。





隊長、期は熟したと判断した。


この度奉仕カットという美容師にしか出来ない社会奉仕を模索するボランティア組織を作ってみようと思う。


施設に出向き、もしくは場所を作り健常者と同じサービスをうけることのできる環境を作る為の準備を始めた。




長かったなw

ここからがほしいアドバイスだ。





ただカットをすればいいってわけではないのは理解している。

教育関係者・医療関係者・そしてちび達の親御さん。

いろんな方に意見を聞きアドバイスを受けたがさっぱりわからんのはたったひとつ




アドバイスを求む。




プロのカットで彼らは癒されるのか





このサービスを受けるにあたりどのような不安点があげられるのか

各家庭以外でどこでサービスをうけたいのか

そしてこんなレベルでしか考えられない隊長の社会貢献の“つもり”はありがたいと思ってもらえるのだろうか。。。


匿名でもいい

意見がほしい。





ってか来年の4月にどういう形で始めるかわからないが、このサービスを始めようと動いているが、隊長の独りよがりな発想で知らない誰かの心を傷つけてしまうかもしれないと思うと怖くて出来ない。。


別にいらないのなら当然しない。アリガタ迷惑ってこういうことを言うんだなって思うしかないもんな。






ってなわけで、数年ぶりに重い内容なのでこれを見てクールダウンして栗

かなりブラックなコンセプトが気に入ってる東京03のネタのひとつなw




説得力の無いョパライ日記だが、動画の内容みてウケればゆるたって?

ただ、4月に作る件はョパライじゃんくてシラフの時に決めた来年の指針なので温かく見守ってくれ。


ちょっと酔っ払って今日はしゃべり過ぎたな。

バイちゃ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ