最終話「全て遠き理想郷」  Fate/stay night

今日の一言。
「俺はつくづく雑用向きの人間ですね」
本日は体育祭に向けて衣装作りなどやっておりまして、できあがった衣装をひたすらたたんだりしておりました…。
雑用の神と呼んでくれ給え。

そういや土曜は雨かもしれないそうですね。
延期とか中止とかなったらやりきれないだろうな…。

<Fate>
まずは一言。
めがっさ感動した。

聖杯から放たれた瘴気(?)に閉じ込められるも、それを何とか打ち破る士郎。
そして例のごとく特攻。
また瘴気に閉じ込められてしまうのだった。

最終回にいたるまでこの特攻精神の貫きぶりはある意味褒め称えられるべきでは?てか本当に戦闘面に関しては成長せんかったな…。

一方セイバーもギル様の前に劣勢を強いられてます。
そして呼応する二人の心。
生み出される黄金の鞘―アヴァロン。
再び瘴気から逃れる士郎。
そして、ギル様の攻撃をはじき返すセイバー。

セイバーのエクスカリバーがギル様に炸裂。
同時に士郎も、凛に託されたアゾット剣を言峰に突き立てます。
消滅していくギル様、聖杯に飲み込まれる言峰。
イリヤも無事に解放されました。

そして、後は聖杯を破壊するだけとなります。
セイバーを愛している、その気持ちのために、あえて令呪を使うことを決意する士郎。
「あなたの声で、聞かせて欲しい」
そのセイバーの言葉に答えて、士郎は令呪を発動させます。
エクスカリバーの一撃で、粉砕される聖杯。

訪れる別れの時。
「最後に一言、伝えたいことがあります。…士郎、あなたを愛している」
このセリフにはもう泣かされました。

士郎の元には、日常が戻ってきました。
そしてセイバーは家臣・ベディビエール(ちなみに声が能登さんでしたよ…)にエクスカリバーを捨てるように命じ、長い眠りにつくのでした。

「こんなに近くに感じるのに、手を延ばしても掴めない…。それでも、届かなくても、胸に残るものがあるだろう。同じ時間にいて、同じモノを見てた。それを覚えているなら、遠く離れていても、共にあると信じられる。いまは走り続ける。遠くを目指していれば、いつか、目指すものに手が届くはずだから…」

ラストの士郎の長ゼリフも良かったです…確認のためようつべでもう一度見てたらまた泣きそうに。

これだけ色々な要素が詰まってて、なおかつ面白くて感動できる作品は、そうそうないのではと思います。
この作品と出会うことが出来て、本当に良かったと思います。
その出会いもまた一つのFate―運命なのかもしれません。

受験終わったらPS2本体とPS2版、絶対買うぞ!!

<レス>
★鰯鰤さん
>>副音声がシャアこと池田秀一さんだった
>・・・・・・・・・・・・・み、見たかった orz
>認めたくないもn(ry

凄かったですよ。何やらちょくちょくやってるみたいなので、また機会があれば是非。

>>森本○オっぽいナレーション
>おそらく岸尾さんでしょう。あの人物真似上手いですからw

へえ、そうなんですね。
つくづく声優さんって凄いです…。
0



2006/6/23  17:47

投稿者:洸

やっぱり銀魂でしたか。
自分もめがっさ好きでして、単行本も集めてます。
アニメもちょくちょく見てます。
銀さん役が杉田さんで・・・そこがまた面白いw
他にもアスランの人とかシン・アスカの人とか・・・

>「約束された勝利のホクロ毛」
有難く頂戴いたしますw

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ