――前略 お元気ですか?
うっかりしてたら明日テスト二本もあるのに暗礁以外のものが針路に見えない状況です。
ハバネロです。

たぶんこれから徹夜仕事です。一時間くらい寝られるといいなあはは。
あと、ディケイドのてつをカッコよすぎて濡れた。


などとぶっ壊れた近況報告はこれくらいにしておきまして。
ようやくNicom@sRockFes09に作品を出品しました。

というわけで今回は朗読Pとの合作にて参加です。
ちなみにフェス自体にはもう二本ほどあげる腹づもりですが、まずはテストを片づけないと……

ということで今回はこの作品について解説をば。

今回の合作のお話をいただいたのは6月初頭。
察しのいい方はお気づきかもしれませんが、ちょうどthe pillowsのベスト盤が発売されたころのお話です。
それでついったにて、同じくピロウズ好きの朗読Pに声をかけられたわけです。

朗「合作、や ら な い か?」
ハ「うほっ……いい提案」
朗「さあ イラストを このどうがに!!」
ハ「いいですとも!」

……大体こんな流れでした(誇張あり)

というかその前に、メカ千早でROBOTMANとかやらないかな、とか話してたのがそもそもの発端だったかもしれないということを今思い出しました。

とまあそんな感じでイメージボードを渡されて、僕の仕事はひたすら描き続けることでした。しかし、6月はいろいろ忙しかったため結局完成したのは7月頭。
ホントなら二週間くらいで仕上げるつもりしてたんですがね。
初めてSAIの水彩筆を使ったりして、感覚に慣れるまで時間がかかったのもあるかもです。
そしてあとは朗読Pに引き渡して完成をわくわくしながら待ってました。
ほんの数時間前ですが、完成品を見せてもらった時に、思わず「うわあすげえすげえ!これホントに自分の絵!?」と思ったのは秘密。やっぱり見せ方上手いです朗読P。

内容としては王道のはるちはですね。はるちは好きです、はるちは。
もともと僕自身、孤独とそれに寄り添う人、という構図が大好物なもので。
その辺語りだすと長くなっちゃうので割愛させてもらいますがw

朗読Pも投稿者コメで紹介されてますが、無能Pのこちらの作品は、描く上でかなり意識しました。
これも僕の中ではかなり重要な位置を占めている作品の一つなので、作画にはいつも以上に気合い入れたつもりです。その辺が動画に現れてくれているといいのですがw
でもやっぱり見てるとあっちこっち直したくなってきてしまうのは仕方ないね。
ちなみに、この動画に登場するプロデューサーは僕の脳内での朗読Pのイメージだったりします。


やっぱり合作の醍醐味は、ひとりじゃできないことが出来ることですね。
たぶん僕だったら、この曲でこれだけ暖かいハッピーエンドは描けないんじゃないかな。
あとは相方の技術を盗んで研究できるというのもありますがw
この経験を今後の作品にフィードバックできればいいな、とか思ってます。
ともあれ、今回の合作のオファーを下さった朗読Pに感謝を。ありがとうございました。
(しかしこれ、朗読Pの他の作品に比べて伸びなかったりしたらイラスト担当の僕の責任なんじゃないだろうか……gkbr)

なんかあんまり大したこと語ってない気がしますが、内容の深い部分に関しては朗読Pがきっと解説してくれるはずですから!
我ながらまったく丸投げにもほどがありますなwww
まあでも、僕は言葉で語ろうとしても空回るばかりなので、そこは本職におまかせしておきます!!(と言って逃走)


それでは皆様、Ci Vediamo!!
0



2009/7/27  2:55

投稿者:ハバネロ

解説は投げ捨てるもの……
という冗談はさておき、あくまでも僕は挿絵担当で、原作はやっぱり朗読Pの担当ですから(とかなんとか言ってごまかす)

1+1は、2だけじゃなくて3にも4にもなるし、あるいは無限大に発散することだって有り得るのですよね。
この化学反応はやっぱり合作ならではです。
本当にありがとうございました。

2009/7/27  1:00

投稿者:朗読

解説が丸投げ…だと…

それはともかく、本当にありがとうございました。
一人だと想像もつかなかったものが生まれるこの瞬間が好きで好きで
しょうがないので、他の人との合作はやめられません。

http://whitethroat.blog.shinobi.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ