2011/3/20  21:59

復興を願い  スキーレポート

私はスキー場が営業している限り滑ります。

志賀は地震の影響で焼額山のリフトは縮小運転でしたが、ほぼ全コース滑走可能でした。

一日を通して晴れたり曇ったりで、気温の割に雪もさほど緩まず、と言ってもあまりにも人がいないので荒れようがないのですが、朝は程良く締まったバーン、11時過ぎたあたりからしっとりしたバーンになり、一日快適に滑ることができました。

今日は8:30焼額山GSコーススタート、焼額山を滑り倒した後奥志賀に移動。貸切状態のダウンヒルをヘビーローテーション。その後焼額山経由で一の瀬に移動。お昼の正面上部をまたまた貸切状態で大回り一気降り。
お昼を食べてからダイヤモンド数本滑ってまたヤケビに戻り、モーグルバーンでまたコブ修行。一気降りができたので気分良く2時過ぎに撤収。
帰りにかみさんの実家によって温泉入って帰ってきました。

それにしても本当にビックリするくらいガラガラです。
採算が取れるとかそんなレベルではありません。
宿泊客はほとんどキャンセル、修学旅行も中止、地元の納入業者も頭を痛めているようです。

先週半ばの大雪で雪は近年稀にみる多さですが、焼額山は4月3日をもって終了とのこと。他も4月は土日のみとGWだけとなりそうです。

それとあまり知られていないことですが、志賀のホテルやレストランには青森をはじめ東北から多くの出稼ぎのおばちゃん達が来ています。
多分その中には今回被災した家族の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その方たちの雇用確保のためにも皆さん志賀に滑りに行きましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
朝イチのGSコースはピステン跡の振動が心地よく足に伝わり、硬さもイイ感じでした。
クリックすると元のサイズで表示します
オリンピックコースはジャガイモ君があったため慎重に滑りましたが、気持ち良く一気降りが楽しめました。
クリックすると元のサイズで表示します
今日の奥志賀ダウンヒルは早い時間帯はほぼ貸切状態。ヘビーローテーションで滑りました。
クリックすると元のサイズで表示します
11時頃焼額山に戻ると唐松コースはしっとりイイ雪になっていました。
クリックすると元のサイズで表示します
ダイヤモンドもしっとりとしたバーンになっていてとても滑りやすく、珍しく何回も滑りました。
クリックすると元のサイズで表示します
お昼のファミリー。この通りガラガラ。上部を大回り一気降りなんて滅多にここではできませんね。
クリックすると元のサイズで表示します
今日もモーグルバーンでコブ修行。最後の1本は気持ち良く一気降りで本日終了。
クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりに渋温泉に入ってから帰りました。滑った後の温泉はやっぱイイね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ