2019/3/3  19:57

スキーブーツはギブスになるのか?  スキーレポート

昨日の志賀高原は思いのほか、と言うより天気良し、雪良し、おまけにガラガラと最高だったようですね。

怪我で滑れない(正確には仕事で滑れなかった。これ重要です。テストに出ますから)私を憐れんだスキー仲間は遠慮して『今日は最高だよ〜♪』って報告をためらったようですが、そんな時は自虐的に自らフルってもんでしょ!(笑)

そしてSkier_Sさんからお昼前に『奥志賀最高!』との報告。

いや〜滑りたい!
足なんか少しくらい痛くても滑りたい!
いや、先週すでにヒビが入った状態で滑っていますから・・・

でも、今週末は自粛するって書いてますし、まさか、まさか、まさか、

行きませんよね?滑りに・・・

でも、なぜか早起きして、クルマに乗っている自分がいました。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、この時期に一の瀬まで道路に雪がない・・・omg
この風景、2週間?いや3週間は早くないかい???

で、今日はいつもの焼額山ではなく奥志賀からのスタートです。

クリックすると元のサイズで表示します

薄曇りではありますが、まずまずの天気です。

ゴンドラ待ちの列はけっこう長めです。

クリックすると元のサイズで表示します

で、いつもなら迷わずダウンヒルに降りる私ですが、きょうはエキスパに向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

その前の第3ゲレンデもモチロン最高品質の極上コンディション♪
まさにファーストトラックです。

で、お目当てのエキスパはと言うと?

クリックすると元のサイズで表示します

そこらのスキー場では、『ザラメの圧雪が・・・』って声が聞こえてくるこの季節ですが、バカ言っちゃいけません!

そんじょそこらのスキー場のトップシーズンよりもいい雪かもしれません。

奥志賀はまさにトップシーズンのまんまです♪

クリックすると元のサイズで表示します

この超絶にイイ極上バーンが1時間も続きます。

当初はエキスパ1本、次はダウンヒル1本、そして焼額山に戻る予定でしたが、あまりのエキスパの良さに1時間以上長居をしてしまいました。

この1時間があまりにも良かったので、このまま帰ってもいいくらいです。

しかし、焼額山同様、オクシーも9時を過ぎると人が多くなってきたので、気持ち良く飛ばすことが難しくなってきちゃいました(>_<)

クリックすると元のサイズで表示します

SSSも出てきて、お得意の杉山列車も始まったし・・・

ならば、いつもとは逆パターンで焼額山に御挨拶に行かなければ。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は朝から高曇りで、太陽が燦々と言うわけにはいきませんでしたが

クリックすると元のサイズで表示します

北アルプスの姿も薄っすらですが確認できました。

クリックすると元のサイズで表示します

で、いつもならこの時間から奥志賀に移動する時間のGSコース

クリックすると元のサイズで表示します

ゲレンデ上部はこの時間でもなかなかのもので、おそらく朝一はコンディションが良かったんだろうな〜的な感じです。

しかし、そこから先のメインバーンは半分を過ぎると

クリックすると元のサイズで表示します

コロコロ地獄が待っていました(>_<)

クリックすると元のサイズで表示します

なぜだ、なぜなんだ!こうも奥志賀と雪が違うとは驚きだ。

クリックすると元のサイズで表示します

コースはそれほど混んでいないだけに残念無念・・・

でも、そんなGSコースのおとなりオリンピックコースは、硬いながらもコンディションは結構いいよ♪

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは更に空いているので、思い通りに滑ってこれますが、やはり急斜面小回りはヒビが入った小指には堪えます(T_T)

なので、どうやらコンディションが良さげな一の瀬方面に移動です。

クリックすると元のサイズで表示します

で、この時期南斜面の白樺コースは日中緩むため、コロコロ地獄と化してしまい、これまた小指にはきついバーンとなっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

で、なにやら遠く見える一の瀬はなんだか蟻の大群でもいるのでしょうか???

クリックすると元のサイズで表示します

で、その一の瀬ですが

クリックすると元のサイズで表示します

正面上部もパリパリながらエッジがかかるコンディションで、下の緩斜面も硬めで板は走るし、エッジは噛むわで最高なんですけど♪

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、久しぶりにこれだけの数の修旅を見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

お目当てのパーフェクターがまだ開いていないので、寺子屋に上がると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

なんだか珍しく硬めな早い雪です。

しかし、真中付近はかなり土が露出していてこれはかなりヤバいのでは

クリックすると元のサイズで表示します

でも山頂の雪はさすが!粉雪そのものです。

クリックすると元のサイズで表示します

でもって、寺子屋に来たならここでお参りをしていかないと!

クリックすると元のサイズで表示します

東館神社では、『元気でいつまでもスキーが出来ますように!』と願いましたが、寺子屋神社では

クリックすると元のサイズで表示します

やはりこうなりますよね(笑)

さて、お昼も回ったしそろそろパーフェクターが開く頃だ!

クリックすると元のサイズで表示します

上部緩斜面も締まって硬めのいい雪です♪

で、最高だったのがこの急斜面!

クリックすると元のサイズで表示します

朝の奥志賀も良かったけど、これはもう参りました。

超絶に良いんですけど♪

特に開いたばかりの1本目は今シーズンで一番気持ち良かった1本だったかも!

今日は朝イチのエキスパ、そしてこのパーフェクターを滑れただけでも来た甲斐がありました。

来て良かった〜♪
滑れて良かった〜♪

そんな私ですが、やはり荒れたバーンになると振動が指に伝わり、正直辛いものがありました。

なので奥志賀までの帰り道、少し荒れたサウスコースや

クリックすると元のサイズで表示します

GSコースは流して滑るほかありません

クリックすると元のサイズで表示します

で、今日はお行儀よくレインボー上がりとした私ですが(って、それ以上は無理)

断言します!

足の指にヒビが入ってもスキーは出来ます!

逆にブーツを履いて、滑っているときが一番痛くありませんでした。

なので、皆さんシーズン中にタンスの角に小指をぶつけてヒビが入っても決して諦めないでください(笑)

スキーブーツはギブスですから〜

と言うことで、今日のゲレンデレポートでした〜。

16



2019/3/5  21:19

投稿者:Goku

>Sさま

伝説になるかどうかはわかりませんが、他のゴールドの方の伝説の足元にも及びません。

2019/3/4  23:17

投稿者:Skier_S

とりあえず,新しい伝説が生まれたことは
間違いないですね…
20000mゴールドな人は,なぜかだんだん常識から
外れていくんですが…(笑)

2019/3/4  22:45

投稿者:Goku

>まうちゅうさま

驚かせるつもりはなかったんですが、そりゃー驚きますよね(笑)

それにしても、朝一の奥志賀は最高ですね♪
足の痛さなんて何処かに吹っ飛んじゃいました。

2019/3/4  21:00

投稿者:まうちゅう

無料休憩所でGokurakuさんが来てると聞いて『えーっ!?』と声を上げてしまう程、
サプライズ登場で本当にビックリしました。
私にとって今シーズン一番のサプライズかもしれません。

https://blogs.yahoo.co.jp/mouse_tyu

2019/3/4  19:54

投稿者:Goku

>しんちゃんさま

出来ますよ〜!
それほど腫れていないので、ブーツを履くのも全然問題なしでした。

>いささま

さすがにヒビが入った足でのオリンピックコースはへっぴり腰でお恥ずかしい滑りでしたが、御一緒できて楽しかったです♪

おそらく毎週滑っているのでまたご一緒しましょう。

>若杉さま

おそらく流行が早すぎて、年末には忘れ去られていることでしょう(笑)

>naoちゃんねるさま

マジでギブスになりますよ!

でもお医者さんは推奨していないので、あくまで自己責任ですが(笑)

2019/3/4  9:10

投稿者:naoちゃんねる

こうしてこの世界にまた一つ新たなトリビアが生まれた…

長野県 gokuraku skierさんから生まれたトリビア

「スキーブーツは……ギブスになる!」

へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜(笑)

2019/3/4  7:25

投稿者:若杉勲71

今年の流行語大賞にノミネート決定!
おめでとうございます。

www.rs-web.jp/~isawaka

2019/3/4  1:53

投稿者:いさ

今日ヤケビでは突然夫婦でご一緒させていただきありがとうございました。(というより勝手についていきましたが…)
お姿を見たときはビックリ。居てはいけないはずの人が!
そして「ブーツはギブス」と…。ただただ驚くばかりです。

2019/3/4  1:16

投稿者:しんちゃん

スゴイですね!
足の小指にひびが入ってもスキーしてしまうなんて。
新たな伝説の誕生だと思います(笑)
そして「ブーツはギプス」という名言まで。
すごすぎる(笑)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ