2011/12/4  19:12

2011/12シーズン開幕  スキーレポート

2011/12シーズン 志賀・焼額山で開幕です。

昨日は雨風と最悪のオープンになった志賀ですが、今日は雪も殆ど小雪がぱらつく程度で、空も明るく、焼額山は人工雪の上に新雪がうっすら乗ったコンディションでスピードが出る雪でした。

毎年どんなに暖冬でも確実に12月第1週にオープンしてくれる焼額山ですが、今年はいつもより多少幅が狭めな感じでしたが、下地が硬いお陰で滑っている人の数の割にコースの荒れも酷くならずに、朝一から2時まで滑りましたが上々のシーズンインが出来ました。

雪の厚みも十分で滑れる幅にブッシュもなく、昨年買ってチューンアップした板を出しましたが、傷も入らずにすみました。

昨年はこの板、簡単なプレチューンだけで、ベースワックスも入れず、簡易ワックスのみで通したのですが、フラットも出ていなかったし、簡易ワックスのみだったのでスピードもイマイチでしたが、シーズンオフにいつもの「SKID」でワックスまで入れてもらった板は見違えるように走り、切れも抜群でした。

今日は午前11時ころまでリフト待ちが5〜10分程度ありましたが、その後はかなり空いてきて飛び乗りとまでは行きませんでしたが、リフト待ちのストレスもほとんどなく滑れて充実の開幕日となりました。

それと今年から新しくなったゲートシステムですが、帰ってPCでリフト券b入力すると、今日乗ったリフトの情報、標高差、滑った距離がグラフになって確認することができ、また新しい楽しみが増えて、益々志賀通いが楽しくなりそうです。
ちなみに今日は17本乗って、標高差が2788m、滑走距離が19.6qだそうです。

来週はゴルフでお休み、再来週も未定なので、次はクリスマス3連休になりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 志賀 初滑り スキー



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ