2013/1/13  19:31

連休中日はスキー日和  スキーレポート

正月明けいきなりの3連休。

八方も捨てがたかったのですが、連休中日ともなると激混みかな?と思い志賀へ。
志賀は広いから混んでいれば移動すれば何とかなるけど八方は朝イチリーゼンから混み始め、人気のコースは激混み、であっと言う間にボコボコ。
それに今日は西から天気が崩れる予報。なので八方は多分早めに曇ってくる。
だから志賀なのです。

家を出てしばらく行くと東の空は朝焼けで赤く染まりはじめ志賀高原が眩しいぞ。

クリックすると元のサイズで表示します

予定通り7時50分に到着、お〜まさにピーカン。
ファーストトラックが終わるのを待ってゴンドラ乗車。
素晴らしく締まったイイ雪だ。
ずいぶん雪が降っていないようだが、低温がずっと続いたおかげで粉雪コンディションはキープされたまま。逆に降らなかったからぎゅうぎゅう毎日圧雪されて素晴らしい硬さ加減だ。
おまけに今日は子供が使っていたレース用の高フッ素ワックスを入れてきたのがバッチリハマった感じで一日中素晴らしい滑走性が保たれたままだった。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は早めに奥志賀へ。
多少段差がありましたが焼額山以上の粉雪圧雪で全く気になりません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

焼額山〜奥志賀と一通り滑ったので、今日は気持ちイイバーン探しとチャレンジ消化の為サンバレーまで旅に出ることに。
パノラマ〜白樺〜山の神〜一の瀬と移動。
行くとこ行くとこ何処も締まった良いバーンが続く。
幸せ〜!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そこで素晴らしく良かったのが一の瀬パーフェクタ。
超ドライな粉雪圧雪バーン!
過去最高だったかも〜。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、高天ヶ原〜西館山〜ジャイアント〜蓮池〜丸池〜サンバレーと繋いでUターン。
ブナ平〜東館〜一の瀬と戻ってくるまで、あまりのコンディションの良さと調子の良さでナント5時間休憩なしで滑りまくってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

遅いお昼を挟んでパーフェクタ滑りまくり、しかもなぜかここだけが空いていたのでノンストップで滑りまくってしまった。
2時半頃からクワッドが混み始めたので焼額山に戻り3時半まで滑って撤収。

クリックすると元のサイズで表示します

Skilineも先週の記録を上回り、私自身もしかしたら過去最高の滑走距離だったかも。

http://www.skiline.cc/skiline?slc=12ddkh0t4lu&stats=14e16eeadf96f7d2687b716ea3520f5c&type=pdf&locale=ja

チャレンジも残すは熊の湯・横手山だけとなりました。
0
タグ: 志賀 信州 スキー



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ