2016/11/23  17:32

極楽スキー  NoSki NoLife

『極楽スキー』

1987年に出版されたこの本を皆さんはご存じだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します

この『極楽スキー』という本こそが、私の『Gokuraku Skier』という名のルーツなのだ。

時代はまさに日本総スキーヤー時代。
『私をスキーに連れてって』という不朽の名作が上映され、そんな時代にホイチョイ・プロダクションが出した本は、まじめな内容からふざけた?モノまでありとあらゆるスキー情報が網羅されていた(と思う)

クリックすると元のサイズで表示します

まずはこんな真面目な感じで始まる

クリックすると元のサイズで表示します

皆さんは知っていますか?
日本は世界でも有数の豪雪地域だと言うことを。

かと思えばこんな記事もあり

クリックすると元のサイズで表示します

で、西武のこんな夢のようなスキー場構想は

クリックすると元のサイズで表示します

万座と志賀、苗場をロープウェイで繋げちゃおうって壮大な計画。
でも、万座と横手は距離的にも実現可能な気がしますね。

こんな記事も面白かった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いましたね〜。こんなスキーヤーが(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

もうチョイ前だとこんな感じでしたね。
ブーツの中に入れるスキーパンツとパンタロン型が出る間に『バックリング』というスキーパンツが存在していたことを知っている人はどれだけいるだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します

憧れました〜!オーリンMARKVとロシのSTコンペ、クナイスルも当時は憧れのブランドでしたね。ウェアは何と言っても『リバティー・ベル』だね!

クリックすると元のサイズで表示します

解説付きのこんなイラストも
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

貴方は何派でしたか?(笑)

今のように高速が長野まで繋がっていない時代ならではの記事です。
昔は志賀など信州のスキー場に来るには大変でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します

車ではないけど、その昔、上野発の急行が信越本線の屋代駅から長野電鉄に乗り入れ、湯田中まで直通で行ける列車があったのを知っているかな〜?
たしか『信州シュプール号』
これだと、長野駅で長電に乗り換えなくていいんだよね〜!素晴らしい!

懐かしいリフト券。
特に苗場のシールでストックに巻きつけて貼るヤツ!
苗場など行ったことがない私はカルチャーショックだったな〜
で、高校生の時、初めて苗場に行った時はホントにショックを受けた(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

長野オリンピックが決まる前、と言うより国内での候補地もまだ決まっていなかった時代だ。

クリックすると元のサイズで表示します

こういった記事も楽しめたっけ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さて、今日長野では初冬の風物詩『長野えびす講大煙火大会』が行われ、12000発の花火が冬の信州の夜空に上がります。
長野もえびす講を迎えるといよいよ冬本番となり、里に初雪が降るのもこの時期です。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、今日からの寒波でいよいよこの週末には熊の湯はオープンできそうですね♪

3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ