2017/11/21  21:58

skilineからiSkiに・・・  スキー雑談

志賀からskilineが消えた今シーズンですが、新たにiskiというスマホのアプリを使ったシステムがスタートするようでして・・・

しかし相変わらず索道協会のHPにはなにも告知されていません。
が、先日の熊の湯でさっそく使ってみました。

このシステム、リフト券番号とか入力する訳ではなく、現地でアプリを立ち上げスタートするだけです。

クリックすると元のサイズで表示します

スタートボタンを押すと記録が始まります。

クリックすると元のサイズで表示します

で、myスキー記録・myトラックをクリックすると

クリックすると元のサイズで表示します

こんな画面になり、更に

クリックすると元のサイズで表示します

とこんな感じで詳しい情報が現れます。

で、この日の記録は
リフト標高差:3515m
リフト乗車数:37回
リフト距離:18.77km
最速スピード:53km/h

とこんな感じです。

とりあえずは標高差やリフトに乗った数や距離も出るので、skilineと同じ情報は得られるようです。

skilineと違うところはスピード表示があるところでしょうか。

12月からは一日の滑走記録を競い合って、スキーなどの豪華景品を獲得できる『HEAD iSKI Trophy』が始まるそうです。

まだまだ使い勝手がよくわかりませんが、とりあえずはskilineに変わるモノがあって良かったかな。




6



2017/11/23  9:57

投稿者:Goku

>しんちゃんさま
iskiは志賀高原以外でも使えるので利用価値はありそうですね。
只今熊の湯ですが、霧が凄くて何も見えません(T_T)

2017/11/22  22:15

投稿者:しんちゃん

iSKIってこんな感じなんですね。この記事を読んでると使ってもいないのに、自分も使いこなしたように思えてきます→つまりわかりやすかったです(^^)v
ゲレンデに行く前にアプリダウンロードしておきます。

2017/11/22  20:53

投稿者:Goku

>ゴンさま
コメントありがとうございます。

そうなんです。
スタートボタンをクリックすると記録が始まります。
最後にトラッキング停止を押して、保存すればオッケーです。

リフト乗車カウントはGPSでの標高差をカウントしているのだと思います。

因みに共有でLINEに送ると、skilineのような折れ線グラフが出てきますよ。

これからも宜しくお願いします。



2017/11/22  20:44

投稿者:Goku

>olaf2125さま

自分が滑った記録だけを見るのならコレで十分ですね。
ただskilineの様にランキングが出るのか出ないのかがまだわかりません。
おそらく『HEAD iSKI Trophy』では出るような気がしますけど・・・
やっぱり、ランキングは必要ですよね(笑)


2017/11/22  19:07

投稿者:ゴン

アプリを立ち上げ それだけですか・・・
簡単でいいですね(笑)

skilineの機能同等ですね。
リフト乗車カウント どうやって分かるのかな?

2017/11/22  8:18

投稿者:olaf2125

Skilineが使えるスキー場が国内で4ヶ所、iskiはかなりの数のようですね。
やっぱりコストがかなり違うんでしょうね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ