へっぽこ劇場

 

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:へっぽこおやじ
嫌われ松子を見て自分の生きてきた道と、かぶるようで嫌いっ!って方はたくさんいると想います
でもね、何度か繰り返してみるうちに松子の純粋さ、ひたむきさがわかってきます、だから映画の評価も高いのでしょう
劇中何度も出てくる【人間にとって一番大切なのは】
それは、どれだけ愛された!かではなく、何をどれだけ愛したか・・であるような気もしてまいりました
PS:私の友人は大衆演劇を愛してる人が多い(笑)
投稿者:へっぽこおやじ
松子が抱き合って彼に問う場面がありますね
愛してる?ときけば 男が愛してる!と答え
離さない?ときけば 男が離さない!と答える
それが何度か繰り返された後に
【 しつこい!!】

これをみるかぎり、やはり松子は愛されたかった?
愛されるという感覚を知らないから言葉で欲しい?

こういったタイプは相手にとっては重いですね
ううん!男と女は関係ありません、こんな男もいます

【 愛 】は聞くものでなく自然に感じるもの・・・
投稿者:へっぽこおやじ
小さい頃から愛されていないと思った松子は(後になって決してそうではなかったことを知りますが)人を力いっぱい愛してあげようと考えるのです
愛されなかった人の悲しみがわかるからこそ、愛されたい!ではなく、愛してやりたい!!だと私は想ったのですが
でも、やっぱり松子は愛されたかったのかな・・・?
映画の前半は見るのも辛いほど、暴力的、精神的に虐げられた場面の連続で、ひょっとして松子はMっ気があり虐められて喜ぶタイプ?おいおい(笑)

何度も人に裏切られ、殴られて、泣かされて・・・
そんなにしてまで、生きていかなくていいのに

でもネ、松子の言葉
【殴られたって殺されたって一人でいるよりはまし】
これ↑とってもよくわかるように想うのです

最近の記事

最近の投稿画像

過去ログ

拍手ランキング

1位 う〜ん
3拍手
2位 お手伝い@
3拍手
3位 お手伝いB
3拍手
4位 水なす
3拍手
5位 四日市
3拍手
8/14〜8/21までのランキング結果です。

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ