2012/5/29

ダムと湯巡り  旅行・観光

今日は休日出社の代休が取れたので、近場のダム巡りと温泉&道の駅巡りに出掛けてきました。 東山通りから、猿投グリーロードと愛知県道11号線を経てやって来たのは、以前も記事にした愛知県の「矢作(やはぎ)ダム」です。
クリックすると元のサイズで表示します
前回の訪問時にはダムカードの存在を知らなかったので再訪問です。 そして平日以外はカード配布を行っていないダムがあるので、今回はそのようなダムを中心に巡ります。

続いて岐阜県に入り、
クリックすると元のサイズで表示します
ここも以前に来た「小里川(おりがわ)ダム」です。
クリックすると元のサイズで表示します
そして少し人里離れた山道を上っていくと、
クリックすると元のサイズで表示します
不動滝という滝がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
さらに奥へと進んで「岩村ダム」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここの職員はダムカードの配布に慣れていないのか、事務所入り口に掲示している紙に一人一枚と記載されているにもかかわらず、夫婦だから一枚とか変な理屈を言うので困りました。

そしてR257がダム湖を横切る
クリックすると元のサイズで表示します
ロックフィル型の「阿木川(あぎがわ)ダム」

そして恵那の市内を抜けて、
クリックすると元のサイズで表示します
県道68号沿いにあるこれまた不動滝に来ましたが、
クリックすると元のサイズで表示します
水量不足で迫力がありませんでした。

そして何となく不安と
クリックすると元のサイズで表示します
親近感を感じさせる看板を横目に、
クリックすると元のサイズで表示します
「中野方(なかのほう)ダム」にやって来ました。

取り敢えず近場のダムは回ってダムカードは収集できたので、恵那ICから中央道で長野県に入り、松川ICで下りて「清流荘」という温泉施設にやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここで温泉に浸かり、
クリックすると元のサイズで表示します
食堂でご当地名物だという「ごぼとん丼」と
クリックすると元のサイズで表示します
「アルプスサーモン(ニジマス)のお造り」を注文。
クリックすると元のサイズで表示します
ごぼうは大きく切られているのですが、柔らかく煮込まれていて食べやすかったです。 美味いか?と問われるとうーん・・・

昼食後にやって来たのは、この日最後の「小渋ダム」です。
クリックすると元のサイズで表示します
ダムからの帰り道、
クリックすると元のサイズで表示します
約20匹程の猿の集団に遇いました。

この後南下して、
クリックすると元のサイズで表示します
雨の降らないうちに絶景の天竜峡を観て、
クリックすると元のサイズで表示します
道の駅「信濃路下條」に着いたころから
クリックすると元のサイズで表示します
遠くで雷鳴が・・・

更に東進して道の駅「遠山郷」へ向かいましたが、
クリックすると元のサイズで表示します
途中で天気が急変し、雷雨に金平糖大の雹が混じる荒れ模様でした。 この道の駅に併設されている「かぐらの湯」は硫黄臭のする塩っぱいお湯でしたが、中々良い感じでお勧めです。

そして山肌に張り付くように建物のある天龍の街中を抜け、
クリックすると元のサイズで表示します
所々道幅が一車線になりクネクネと悪路の続くR418を経て道の駅「信州平谷」に至りましたが
クリックすると元のサイズで表示します
温泉は営業時間を少し過ぎていて入浴は叶いませんでした。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ