2012/11/28

国際緊急援助総合訓練  

海外で大規模な自然災害等が発生した場合に派遣される日本政府の国際緊急援助隊という存在を知っていますか? 警察・消防・海保等からなる救助チームと医師や看護士からなる医療チームから成り立っています。
クリックすると元のサイズで表示します
その救助チームによる総合訓練が年一回、兵庫県三木市の県広域防災センターで行われます。
クリックすると元のサイズで表示します
この訓練、準備期間から片づけまで1週間かかるのだそうですが、
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
その中で48時間ぶっ通しで救助活動訓練をする内の2時間だけ一般公開されるのです。
クリックすると元のサイズで表示します
先般、実物大の瓦礫セットを造りましたが、このセットを用いて国際緊急援助隊の展示をするので、実物・・・本物の活動風景をを見学にやってきた訳です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
訓練は決して派手なものではありませんが、やっぱり訓練とはいえ実際に活動を見るのと見ないのでは、場の雰囲気と言い、実力の理解度が違います。 私にとっては、とてもためになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
一般公開されている割には、報道メディア以外に来ていたのは警察と消防関係者ばかりでした。 もっと宣伝しても良いのではないかと思いました。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ