2009/11/1

風が強く吹いている  映画・ドラマ

今日は1日、ファーストデイで映画が千円均一だったので、三浦しおんの小説を映画化した「風が強く吹いている」を観て来ました。o(*≧◇≦)o
クリックすると元のサイズで表示します
主演はROOKIES等の小出恵介と映画「バッテリー」や「ダイブ!!」の林遣都、ROOKIES組は他にも川村陽介や五十嵐隼士が参加しいました。( ̄-  ̄ ;)

例によってネタバレでない程度に解説すれば、笑いあり涙ありのスポーツドラマでした。 展開はごくありふれたものでしたが、スポコンではなく少しばかりユルーイ感じがする映画でした。(`m´〃)

この秋は今一注目の映画作品が少ない中で、我が母校は外国人選手の活躍で出雲駅伝を2連覇し来年初の箱根駅伝にも期待が持てるところ、少し期待を込めて観てしまいました。σ( ̄∇ ̄o)

映画の中では架空の寛政大学が描かれていましたが、黒いユニホームや駅伝新出大学である事等から上武大学とイメージを重ねてしまいました。 製作陣も狙っていたんじゃないでしょうかね。(; ̄ー ̄A
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ