2016/5/20

長崎は今日も暑かった  旅行・観光

長崎道の今村PAで朝を迎えました。 今回の西日本旅行も、今日が実質的な最終日です。 朝食後、長崎道を大村ICで下りて長崎空港へとやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ここ長崎空港は、関空や中部国際空港等と同様に空港関連施設のみが海上に設置されています。

空港の駐車場にスクリーン號を停めて、カートに折畳自転車のシルバット號を乗せて空港内カウンターへ預けます。
クリックすると元のサイズで表示します
3階にある展望エリアです。

今日はここからオリエンタルエアブリッジ(ORC)という会社の双発プロペラ機(ボンバルディア式 DHC8−201型)に乗り、片道30分の五島列島の五島、福江へとダム巡りに向かいます。
クリックすると元のサイズで表示します
離島部に位置するダムのダムカードは、小豆島、佐渡、隠岐、五島と、そう簡単に行ける場所ではないことからオークション等にも殆ど出品が無く、出品されても高値となるため入手するのは困難です。
クリックすると元のサイズで表示します
そして出品を待っていても何時になったらコンプリートするかは分からないので、今回の西日本旅行を利用して自分で貰いに行くことにしました。 五島福江にある福江ダムが、西日本におけるダムカード収集最後のダムとなります。
クリックすると元のサイズで表示します
長崎空港を09:35に出発するORC−071便で福江空港へ向かう乗客は25人程。
クリックすると元のサイズで表示します
およそ30分間のフライトは揺れも殆ど無く快適でしたが、上ったと思ったら直ぐに着陸態勢に入るので何も出来ません。

GW後のオフシーズンということもあり、空港の到着ロビーも閑散としています。
クリックすると元のサイズで表示します
福江空港ビルの脇でシルバット號を組み立てます。 旅行先でシルバット號が活躍するのは2006年7月の萩旅行時、街中散策に使用して以来・・・およそ10年ぶりになります。
クリックすると元のサイズで表示します
ダム巡りは、その報告をシミュレーションの形で別記事にしました。 道々写真を撮りながらでしたが、殆どが下り坂だったので20分程で到達しました。

旅行計画立案時には福江空港周辺には見どころらしいものは無いと思い込んでおり、福江空港と福江ダムの片道4.1kmをウォーキングで往復すれば、それだけで次の長崎行きの便まで時間が潰せると思っていたのですが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
熊本地震による計画の見直しをしていたら、福江空港から車で5分という距離に「五島コンカナ王国」という温泉施設も有するリゾートホテルがあるということに、(うっかり?)気がついてしまいました・・・
クリックすると元のサイズで表示します
空港〜ダム間のウォーキングとコンカナ王国訪問を組み合わせるのは、滞在時間を考えると少し無理があるので見送りました。

空港からのタクシー利用も考えましたが不慣れな土地での進路指示は、ちと気が重かったので今回はパスしました。

五島コンカナ王国には、鉄分を多く含む鬼岳温泉、五島育ちのブドウを使った五島ワイナリーの他、郷土料理を扱うレストラン等もあるので、飛行機の出発時間迄を過ごすにはもってこいです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
先ずは福江ダムからの帰路と五島コンカナ王国に向かうルートが上り坂になっていて、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
かなり汗をかいたので正午から開館の「鬼岳温泉」を満喫しました。

そして王国内のワイナリーで土産用にワインを購入しました。
クリックすると元のサイズで表示します
空港のレストランや売店を冷やかすよりも楽しく過ごせました。

空港までは下り坂なので、5分もかからずに到着、風が気持ちよくて楽ちんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ここから長崎空港へ向かう次の便は13:35分発のORC−074便です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
再び30分のフライトで長崎空港へと帰って来ました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ