2018/10/26

小湊鉄道乗車記 後編  旅行・観光

当然の事ですが、乗って来た電車に乗り込みます。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
乗客は・・・まばらです。
クリックすると元のサイズで表示します
しかも一つ目の養老渓谷駅で、私以外の乗客が全員下りたので・・・
クリックすると元のサイズで表示します
一瞬でしたが、貸し切りか?とか思ってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
この小湊鉄道には、難読駅名(地名)があります。 海士有木(あまありき)や飯給(いたぶ)なんて、知らなければ読めませんよね。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ローカル線色に大きく影響していると思われるのが、運転室も車掌室も独立していないこと。 うーん、セキュリティー上はどうなのかと思いますが、おおらかな感じがしてJRより親しみを感じさせます。
クリックすると元のサイズで表示します
線路も歪んでいたり。
クリックすると元のサイズで表示します
窪んでいたりしますが、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
点検要員を見かける機会が多く、メンテナンスはバッチリという感じがします。
クリックすると元のサイズで表示します
この日は里山トロッコ列車の運行日、蒸気機関車を走らせられる位ですから・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ハロウィーン仕様みたいです。
クリックすると元のサイズで表示します
里見駅の駅長さんの制服が昔のスタイルになっていました。
クリックすると元のサイズで表示します
この日上総鶴舞駅では、映画?ドラマ?の撮影が行われているみたいでした。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ドキュメンタリー番組ではなさそうだったけれど・・・
クリックすると元のサイズで表示します
R297と並走する部分が多く、八高線よりは見かける機会が多いです。
クリックすると元のサイズで表示します
五井駅へ戻ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
駅の東口へ出て、
クリックすると元のサイズで表示します
車両庫脇に展示されている
クリックすると元のサイズで表示します
蒸気機関車を見て来ました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ