2020/1/25

続中華プレーヤーその後  

前回の記事を書いた後、中華プレーヤーを痛勤の往復時に聞いているのですが、音質は良い・・・でも操作パネルが過剰反応気味で使い難く、結構重い。 そして何よりもバッテリーが虚弱です。

広告には大容量電池と謳っていて、「50時間の連続再生、一回の充電さえだけ(ここ表記が変です)で、数日も(ここも変)楽しめます。」の記載がありましたが、フル充電しても1日4時間弱程度の使用で3日目にはほぼエンプティ、誇大表現だと思います。

ソ〇ーの旧MP3プレーヤーがフル充電した場合、同条件で5日間、問題無く使えるのに比べると、あまりに非力です。

このまま我慢して慣れるまで?使うのも有りかもしれませんが・・・ いやいや、何とかせなあかん! ということで・・・2つの対応策を検討中。 1つは重い中華プレーヤーをカバンに仕舞って、コードレスのイヤフォンを使う事。
クリックすると元のサイズで表示します
ソ〇ーの旧MP3プレーヤーも中華MP3プレーヤーもBluetooth対応機なのでコードレスのイヤフォンを使えるので、有線イヤフォンを使わなければならない必要は無いのですが、

旧プレーヤー購入時は未だコードレスイヤフォンの価格が高かったのと、当時殆どの製品が私の嫌いなカナル式だったので、使おうとは思いませんでした。 今回購入した中華プレーヤー、思った以上に本体が重いので・・・
クリックすると元のサイズで表示します
コードレスイヤフォンを調べてみたら、いつの間にやら価格が下がっていて・・・カナル式以外の物も数多く出ていました。 今更ながらですが、Bluetoothでコードレスイヤフォン使ってみようかなぁ・・・

2つ目は、旧MP3プレーヤーの復活。

その為には前にも記載した通り、管理ソフトを何とかしなくてはなりません。 過去に取ったPCのバックアップデータに、もしかするとソ〇ー携帯プレーヤーの古いバージョンの管理ソフトが残っているかもと思いついて・・・

スクラップ待機保管中だった昔使っていたPCのHDDをサルベージして、ソ〇ーの端末管理ソフトの古いバージョンを発見しました。 この見つかったお宝の管理ソフトを絶対にバージョンアップしないよう注意して操作して、

内容を更新して新曲が追加出来れば問題なく前の携帯プレーヤーでも利用出来るハズです。 そうなれば、中華プレーヤーは、携帯プレーヤーが壊れた時の予備用になるでしょう。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ