2011/7/30

バングラ出張記8外伝1  旅行・観光

ここではバングラの道路交通事情についてお話ししましょう。 私が訪れた12年前と今も用いられている車種に大きな差は無いと思っています。 12年前は今よりも自転車が多かった気がする位です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
庶民の足といえば、先ずは「リキシャ」でしょう。 価格は交渉次第ですが、近場への足として欠かせない存在ですが、交通渋滞を引き起こしている一因にもなっています。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
リキシャのテリトリーを越える範囲を走り回るのは、CNGといわれる三輪エンジンのタクシーや、相乗りの超小型バスに、耕運機を改造したような荷車。

それを超える範囲は、小型のバンを改造したような乗り合いバスでしょうか。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
そしてバスへとつながります。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
この国ではトラックもバスも先進国のような厳格な積載基準がなく、車高5m程度という恐ろしい基準が・・・
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
そのため、車体が歪む程の積載量でノロノロ走るトラックが障害になっています。

そして車線など全く無視の我先精神による渋滞です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
この車間距離、私なら1日でギブアップかも・・・
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
必然的に? 車は皆傷だらけです。

映画「MAD MAX」に出てくるようなトラックや、
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
怪しい日本語もどきの書かれたバスが多く走っています。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ