2011/10/29

南濃道の駅と湯巡り  旅行・観光

ウォーキングの後、この季節ならではの富有柿を入手するのと、実家等にも送ろうと岐阜へ向かいました。 ついでに道の駅と温泉巡りをしてこようと・・・
クリックすると元のサイズで表示します
先ずは道の駅「柳津(やないづ)」へやってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
この施設の屋上は展望台になっています。
クリックすると元のサイズで表示します
「夢の鐘」と銘打った鐘が設置されていましたが、子供がガンガン鳴らしていて近所迷惑な感じでした。

続いては道の駅「富有柿の里いとぬき」です。
クリックすると元のサイズで表示します
混んでいましたがも、ここで柿を買うのはお勧めしません。 もっと上物がJAの直売所で手に入ります。 同じ道沿いにあるので柿を買う時には要チェックです。

そして道の駅「織部の里もとす」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここには何故だか城門があるのです。
クリックすると元のサイズで表示します
農産物販売中心ですが、整った施設です。

そして道の駅「夢さんさん谷汲(たにぐみ)」へ到達しました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここは人気が少ないのに車が多いと思ったら、
クリックすると元のサイズで表示します
一年契約の賃貸バンガローなどがある公園が隣接していました。
クリックすると元のサイズで表示します
別荘気分を味わうには良いかもしれません。

このあと谷汲温泉の「満願の湯」に寄ったのですが、画像を撮り忘れてしまいました。 温泉というよりは銭湯に近い感じの鄙びた風呂でした。

ここから長良川沿いを一気に西濃を南下して、海津市にある道の駅「クレール平田」にやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
目ぼしいものはありませんが、夜7時まで営業というのは車中泊利用者にとっては嬉しい限りです。(もちろん今回は違います)

陽もくれてしまいましたが、最後にやって来たのは道の駅「月見の里南濃」です。
クリックすると元のサイズで表示します
ここは比較的大きな道の駅で、やはり夜7時までの営業が嬉しいです。
クリックすると元のサイズで表示します
この道の駅の裏手の丘の上には南濃温泉「水晶の湯」という天然温泉があり、麓に車を停めて専用のシャトルバスで辿り着くのですが、
クリックすると元のサイズで表示します
夜景がとても綺麗でした。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ