2011/11/26

西美濃道の駅&湯巡り  旅行・観光

前日の徳川園の紅葉狩りが不発に終わったから・・・ではなく、今以上に寒くなると巡るのが難しくなりそうな山間部にある道の駅や温泉を巡ってこようと、西美濃方面に出掛けました。

まず訪れたのは、東海環状道の途中で寄った美濃加茂SA直結の道の駅「日本昭和村」です。
クリックすると元のサイズで表示します
施設にかかるBGMは昭和の流行歌と徹底された昭和村の観光施設を巡るのは次回訪問時のお楽しみです。

関広見ICで下り、R408沿いに山間部に向かいますが、最初の訪問地は道の駅「むげ川」です。
クリックすると元のサイズで表示します
むげ川とは武芸川と書きます。 そして開館間もなく、同じ町内にある「むげ川温泉 ゆとりの湯」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
泉質はヌルヌルスベスベ感があり、無臭でした。

続いては道の駅「ラスティンほらど」です。
クリックすると元のサイズで表示します
ほらどは洞戸と書きます。 この辺りまで来ると山が色づいてきます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
そして高い山の頂には・・・
クリックすると元のサイズで表示します
寒々しいですが・・・

さらに山間部に入った本巣市には薄墨(うすずみ)桜という名所があります。
クリックすると元のサイズで表示します
季節外れの今の時期、来春の為に公園は整備中でした。
クリックすると元のサイズで表示します
近場にある道の駅「うすずみ桜の里ねお」へやって来ました。 ねおは根尾と書きます。
クリックすると元のサイズで表示します
そしてここに「うすずみ温泉 四季彩館」があります。

ここから更に山道を進み、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
徳山湖へと到達しました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここには多目的ダムとしては日本最大の徳山ダムがあります。
クリックすると元のサイズで表示します
このダム湖の湖底には旧徳山村が沈んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します
有名な黒部ダムと比較すると見た目の豪快さには欠けますかねぇ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
でも、こんな看板を見せられるのはちょっと不安になりますよね。

下り道のR417沿いにあるプラネタリウムとして有名な藤橋城は冬季休館中でした。
クリックすると元のサイズで表示します
途中からR303へ入り、道の駅「夜叉が池の里さかうち」へ寄りました。
クリックすると元のサイズで表示します
そして陽も暮れかかり寒くなってきたので、
クリックすると元のサイズで表示します
道の駅「星のふる里ふじはし」にある、
クリックすると元のサイズで表示します
「いび川温泉 藤橋の湯」でひと温まりしてから、
クリックすると元のサイズで表示します
露天風呂しかない「久瀬温泉 白龍の湯」に寄りました。

そして最後にやって来たのは、道の駅「池田温泉」です。
クリックすると元のサイズで表示します
ここには足湯もありましたが、
クリックすると元のサイズで表示します
交差点を挟んだ「池田温泉」の本館と、
クリックすると元のサイズで表示します
隣接するように建っている新館をハシゴして来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
都市部へ下りてくると芋洗い状態なのと、温泉にやや臭気がありました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ