| 投稿者: らっち

 このブログは、「広島・都市観光の創造」というサイト付設のブログです。
 サイト自体は、「都市観光という切り口から、広島のまちづくりを考える」をテーマにしたサイトですが、このブログでは、広島という都市の今を語っていきます。
 クラシックを中心に、音楽の話題も定期的に取り上げていますので、よろしくお願いします。

*この記事は、常にトップ表示しています。更新した記事は下にありますので、そちらをご覧ください。




2021/9/20 | 投稿者: らっち

 西風新都内で、新たな宅地造成が行われていますね。
クリックすると元のサイズで表示します

 アストラムライン大塚駅の北東部。地図で言うとこの辺りです。

(右上の山の部分が該当地域)

 以前にも言った気がしますが、この界隈は「市街化調整区域」であり、原則、宅地造成などは出来ません。都市計画ではっきり「ダメ!」と言われている場所です。なので、この界隈でも、「アストラムの駅前で一等地!」みたいな場所が、アストラム開通後30年近くが経過しようとしている現在でも、田んぼのままだったりします。
クリックすると元のサイズで表示します
(大塚駅前。「どこのローカル路線やねん」みたいな風景です)

 …。「じゃあ、なんであんな大規模な造成が行われているんだ。法令違反じゃないのか?」と思いますよね。私も思います。
 ここは、私も勉強不足で申し訳ないのですが、調整区域内でも、それなりの手続きを踏めば、開発行為が可能なのだろうと思います。ここに限らず、山を崩して宅地造成しているものは、そのほとんどが調整区域内の行為です。で、開発が完了後、市街化区域に編入される、と言うのが一般的みたいですね。それなりの手続きがきっとあるのでしょう。
 ただ、この手続きは相当大変なはずで、何と言っても、都市計画の変更を伴うものです。開発行為や宅地造成規制などのような、「こういう基準をクリアすればOK」と言うものではなく、かなり面倒な手続きが必要なはずです。だから、大塚駅前のような話になり、「開発したいけど、無理なのよね…」と、放置された状態になるのです。
クリックすると元のサイズで表示します
(大塚界隈。なだらかな丘陵地。宅地にはもってこいの場所だと思うのですけどね…)

 結局、今回造成されているような場所は、@山なので、所有者が細分化されていなくて、それなりの面積を一気に確保できる Aスケールメリットがあるから、面倒な手続きを実施しても割に合うだけの事業化が見込める と言うことで、宅地造成に着手することが出来たのだろう、と推測します。

 今回の造成場所、立地条件は良いと思いますよ。これまでの西風新都内の住宅団地って、いずれも「深い山を切り崩して行った、奥の奥の便利の悪い場所」みたいな感じでしたが、今回の場所なら、アストラムの駅も、高速4号もすぐそこ。利便性高いと思います。
 ただ、気になるのは、教育施設。「戸建て住宅が建つ」と言うことは、普通に考えて親子連れがそこに住む訳です。そうなると、当然、通う学校が気になる。小学校とか、恐らく、「こころ」にある大塚小学校に通うことになるのでしょうね。距離にして約1.5km。まあ、通えない距離ではないのですが、あの界隈の勾配を考えると、毎日が登山状態になります。小学1年生とか、ちょっと(いや、かなり)厳しい。本来なら、近くに、もう一校小学校を作ってあげたいところですが、団地の規模からして、そこまでの話に持っていくのはちょっと難しいでしょう。
 ただ、「団地を含めた、その周辺全体の人口が大幅に増えた」となれば、小学校新設も夢ではないかもしれない。そう考えると、やはり、大塚駅界隈の田んぼとか、さっさと開発してしまいたい、とも思いますね。
クリックすると元のサイズで表示します
(こんな地域、さっさと開発してしまいたい…。ちなみに、奥に見える山が、現在造成されている地域です(写真が古いので、まだ山がある))

 以前から思っていましたが、この界隈、雰囲気からして、なんか田舎くさいのですよね。山奥の方はがんがん開発が進むのに、アストラム沿線という、本来メインとなる道路沿いは田舎のまま。なんかチグハグです。「田舎」ではなく、「郊外」という雰囲気の街に持って行きたいものだ、と思うのですが、結局は、上述の調整区域というのが足かせになっているのですかねぇ。良い方法ないものでしょうか。地元の人が頑張って、区画整理事業とか始めたら凄いことになるだろうにな、とか思ったりします。
クリックすると元のサイズで表示します
(安田女子大学周辺(Googleストリートビューより)。こういう、「郊外」みたいな雰囲気の街にしたいもの。修道大学周辺とか、似たような境遇なのに、なんかもの凄く田舎くさいですよね…)

おまけ:天満屋
 前回の記事で、「フジとか天満屋とか、語りたいことが山ほどあるので、数回に分けて書く」と言いましたが、記事をまとめていくうちに、意外と書くことがないことに気づきました。なので、小売業の話は中止することとします。ご了承ください。
 1つだけ、どうでも良い話ですが、私、今の職に就く前に、1年間だけフリーターをしていたことがあります。その年は、福山に帰省して福山で過ごしていたのですが、フリーターとして、一番アルバイトをたくさんしたのが天満屋福山店。モロゾフのお菓子を売ったり、北海道物産展で蟹を売ったりしていました。楽しかったですよ。一番楽しかったのは、その天満屋のデパガ(デパートガール。死語かな?)と、ちょっとの間だけお付き合いしたこと。「美人」というよりも「かわいい」という感じの人で、「かわいい」という面では、私の歴代の彼女の中でもナンバーワンでした。あの娘、今、何やってんだろうかな…。さすがに結婚しただろうな…。FBとかで、名前検索しても出てこないし、元気しているんだろうか…。
 まあ、どうでもいい、20年以上前の昔話です(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します
(天満屋福山店をはじめとした、福山駅前。もう一つ、どうでも良い話ですが、デパートの人って、販売員のことを「マネキン」って呼ぶのですね。「あの娘、美人じゃないか。マネキンか?」と聞かれて、「マネキン?? 何言っているんだ。どう見ても人間じゃないか」という、とんちんかんな会話をしたこともありました…)

2021/9/12 | 投稿者: らっち

 百貨店、スーパーという小売業界で、ビッグニュースが続きました。言うまでもなく、@フジがイオンの傘下に入る A緑井の天満屋が撤退し、フジが買収する というニュースです。
 いずれも、数年前から予想されていたことですが、こうも続くとなんか衝撃的ですね。
 フジとか天満屋とか、地元イズミ(ゆめタウン)のこととか、語りたいことが山ほどあるので、数回に分けて書くことにしましょう。今回は、まず、フジの話からです。
 実は私、フジの店づくりって好きなのですよ。フジグランナタリーとか、フジグラン高陽とか、ただのショッピングセンターでない、「まちづくり」的な色合いを感じることが出来るのが好きなのです。
クリックすると元のサイズで表示します
(JRや広電の駅と直結する「フジグランナタリー」。宮島に行くのに、駐車場代わりに利用している人も多いのではないでしょうか。「駐車場代わり」と言えば聞こえは悪いですが、言い方を変えればパークアンドライドとも言えます。駐車場が不足し、慢性的な渋滞が見られる宮島口界隈の緩和に繋がっている、と考えるとここが果たしている役割は大きいと言えます)

クリックすると元のサイズで表示します
(今は半分撤去されてしまいましたが、かつてはこんな空間もありました。神戸のモザイクを手本にしているとも言われる、海辺ならではの素敵な空間です。)

クリックすると元のサイズで表示します
(フジグラン高陽。高陽地区のコミュニティセンター的な要素も併せ持った、素敵な空間です)

 この精神は、今ウワサの緑井地区でも発揮され、フジグラン緑井は、天満屋やコジマと併せて、緑井地区のまちづくりに大いに貢献していますね。
クリックすると元のサイズで表示します
(JR緑井駅とフジグランを結ぶデッキ。このデッキの先は、こんな空間が広がります(↓))
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

で、このフジグランは、コジマや天満屋ともデッキで繋がります
クリックすると元のサイズで表示します
(手前に赤い傘が置いてあるのが見えますかね。天満屋やコジマと共同して傘を設置している様子ですが、こういう心遣いが良いですよね)

 で、この緑井地区。天満屋の部分もフジになるとのことで、今後は、既存フジグランと一体化した店づくりが行われることになるでしょう。イオンの知恵も借りて、そこらにあるイオンモールに匹敵するお店になるかも知れませんね。
クリックすると元のサイズで表示します
(イオンモール祇園。ここと緑井とで、北部の拠点争いとなることでしょう。個人的には、まちづくりの色合いが強い緑井を応援したい…)

 で、そのフジですが、15年くらい前には、JR坂駅前にこんなものを作りましたね。「パルティ・フジ坂」です。
クリックすると元のサイズで表示します

 ここをフジが開発するとなった時、「いやいや、フジは約1km北側に、「フジグラン安芸」を造っているだろ。何故またフジが開発するんだ。何かの陰謀か?」という話がネット上(笑)で出ていました。
クリックすると元のサイズで表示します
(まあ、パッと見、「なぜまたフジ?」とは思うでしょう)

 …ただ、そういう発想しか出来ないのがいかにもネット民だな、と思います(笑)。必殺ですよね、陰謀論とか、利権とか(笑)。さすがネット民、と思います。
 私、ここの開発について、リアルな知り合いからいくつかウワサ話を聞きましたが、説得力があったウワサ話は、「1km北側にフジグランがあるから、ここもフジがやらないといけなかったんだ」というもの。
 詳しく言うと、「もし、坂駅前に大きなイオンモールやゆめタウンが出来たら、フジグラン安芸は大打撃でしょ? だから、フジグラン安芸を潰さないために、ここはフジが抑える必要があった。フジとしては、ここで儲けるのが目的ではなく、赤字覚悟で、フジグラン安芸を守るために進出した」と言う話です。
 いかがでしょう? これもウワサ話でしかないのですが、これなら理解できる。こういうものが、マトモな意見だと思います。リアル社会ならではの、常識的な会話です。
 それに引き換え、ネット民の会話ってねぇ…(笑)。市民球場跡地問題についても、サッカースタジアム建設問題についても、なんであんなにピントのズレた話を平気で出来るのでしょう?(笑)。球場跡地とか、「広島市は地元マスコミと連携して広場で稼ぎたいから、スタジアム建てさせないんだ。利権の塊だ」とか、平気な顔して恥ずかしいこと言っていましたからね(笑)。ウワサ話はウワサ話としても、もう少しまともなこと言えないのか? と思います(笑)。
 ついでに言うと、先日、湯崎県知事が次の知事選に出馬を表明しました。どこかのネット民は、5〜6年ぐらい前から、「湯崎は国政に進出する。なので今、関係者にゴマを摺りまくっているので、サッカースタジアム問題への対応もこんなことになる」とか言っていましたが、湯崎知事、いつになったら国政に出るのでしょう?(笑) 中には、県知事を途中で辞職して選挙に出ると言う、具体的なスケジュールを予測している人もいましたが、そんな予想、全くかすりもしませんでした(笑)。冷静に考えて思うのですが、国会議員って、そんなに魅力的ですかね…。1年生議員なんて、下っ端で、何も出来ないですよ。それよりも県政のトップの方がよほどやりがいがあって、魅力的だと思いますが。私が湯崎知事の立場なら、県知事の身分を捨ててまで、国会議員に立候補しようとは思いませんねぇ。少なくとも、途中で県知事辞任してまで出馬しようとは思わない。あるとしたら、県のトップとしてやりたいこと全部やり切ってから、その後なら、もしかすると国政に出ると言う話もあるかも知れません。しかし、少なくとも5〜6年前の段階で、県知事を辞職してまで国政に出ようなんて、普通なら考えません。そんな発想が思いつくのは、ネット民ぐらいでしょう(笑)。

 …話がズレました。で、坂駅前で、イオンが出来るのを恐れていたフジが、結局はそのイオンに吸収されることになりました。
 時代の流れ、と言えばそれまでですが、これでイズミ(ゆめタウン)は一層しんどくなりましたね…。地元広島ですら、イズミはイオン勢にぐるりと囲まれることになりました。ゆめタウンとしては、今後、セブン&アイホールディングスといかにうまく連携して、対抗していくか、という話にならざるを得ないのではないかと思います。折角の地元企業です。頑張ってもらいたいものだ、と思います。
クリックすると元のサイズで表示します
(ゆめタウン呉。呉駅〜大和ミュージアムという、呉随一の場所に出店しておきながら、まちづくりという視点が全く感じられないこの店舗。フジグランナタリーなどを少しは見習え、と言いたいところです…)

2021/9/5 | 投稿者: らっち

 中央公園の再編案が発表されましたね。
クリックすると元のサイズで表示します
AND BUILD HIROSHIMA 「広島市中央公園の施設再配置案が明らかに サッカースタジアム含め一帯は大きく変貌!」より)

 まず最初に思ったこと。「よくもまあ、次から次へと金使うなぁ」と言うことですね。近年明らかになったものだけでも、サッカースタジアムの建設に、アストラムラインの延伸、それから広島城の建て替え、そして中央公園の再編ですか。まあ、「バブル期ですか?」と言いたくなるような勢いです。
 これを見て、「秋葉市政の頃と比較すると、行政がずいぶん積極的になった。良くなった」と感想を持つ人もいるかもしれませんが、それはちょっと違うと思いますね。
 結局、秋葉市政の頃,広島市を苦しめていたのは、1994年のアジア大会開催に向けたインフラ整備による負債です。
 行政が大規模な事業を行う時は、「国庫補助金の充当」「起債の充当」というのは必ずセットで行われます。特に「起債」と言うのは、簡単に言うと借金で、15年債とか20年債とか言うのは、大規模な事業になるとよく行われます。
 今年でアジア大会開催から27年が経過することを考えると、「ようやく起債の償還も落ち着いたところなのかね」と想像できるところ。この状況で、秋葉市政の頃と今の松井市政を比較すると言うのはフェアではなくて、私からすると、むしろ、「財源に少し余裕が出来たからと言って、そんなにジャンジャンお金使って良いの? また90年代の悪夢が再来するよ」と言いたいところです。「本当に、こんなにイケイケドンドンで良いのかねぇ」と思います。例えばサッカースタジアム。コンペ案では、こんなスタジアムになるとのことですね。
クリックすると元のサイズで表示します

 う〜ん。。。もし、私が市長なら、こんな豪華なスタジアムには絶対にしません。将来構想として、こういう案は持っておいても良いとしても、今すぐこれだけのスタジアムを一気に整備することなんて絶対やらない。私なら、収容人数20000人程度の、仙台のスタジアムやフクダ電子アリーナのようなスタジアムで当面をしのぎ、拡張は将来的な課題とします。
 スタジアムの周辺整備も同じことで、私なら、とりあえず整備には着手しません。有効性は理解しますが、今、やるべきことだとは思わない。サッカーばかりに、そんなにお金かけてる場合じゃないでしょ、と思いますね。

クリックすると元のサイズで表示します
(今、これを整備する必要ありますかねぇ。私が市長なら、「この土地は当面現状維持。観客の歩行者導線を確保するために、とりあえず簡素なデッキを1本のみかけます」としますよ。ここばかりにお金をかけている場合じゃないと思います。)

 それは、今回の中央公園再編についても同じことで、「あれもやります。これもやります」は良いけど、このご時世にこんなことばかりやって良いのかね、と思います。将来的な計画として持っておいて、少しずつ、前に進めるのが現実的ではないでしょうか。音楽やっている人間の立場からすると、音楽ホールとか、確かに欲しいし、このブログでもそう主張したことがあるように記憶していますが、正直、「出来なくても仕方ない」とも思っています。日本はもう、経済大国じゃない。今後どんどん貧しくなっていく国です。そうなんでもかんでも出来るとは思わない方が良いと思いますね。

 で、その他、この再編案についての私の想いを箇条書きで以下にまとめます。

・中央図書館は、確かに老朽化が著しいし、建て替えるべきだろう。ただ、このエリア外に移転させることは大反対。知的財産の塊のような施設はやはり都心にあるべきだし、賑わいづくりの面からも、図書館の存在はサッカースタジアムや音楽ホールよりも重要と考える。何故移転と言う話になるのか理解できない。
・ファミリープールは郊外移転もやむなしと思う。移転しても良いから、出来る限り存続させてほしい。ちゅーピープールは遠い…。
・中国庭園…どうでもいい。てか、廃止で良いと思う。

 と言うことで、中央公園再編に関する私見でした。まあ、ボチボチやっていっていただきたいと思います。

2021/8/29 | 投稿者: らっち

 少し前の話になりますが、可部地区に、県内初となる環状交差点(ラウンドアバウト)が開通しましたね。(正確に言うと、パルコ前(並木通り)の交差点もラウンドアバウトと言えると思いますが)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


(すいません。私は動画編集とかやっていないので、拾い物の動画で。この動画は可部のものではないですが、同様のものが可部に出来ました)

 パッと見の感想ですが、まあ、さほど交通量が多くない交差点、生活道路の交差点では、それなりに有効なのかな、と思います。動画にも書いてある通り、右折時の危険性がかなり下がりますね。

 …すいません。環状交差点の感想はこれくらいです。
 で、今回、久しぶりに可部に行って思いましたが、この界隈、交通網整備が非常に順調に進んでいるように感じますね。例えば、先ほどの環状交差点〜安佐市民病院前〜高陽地区に向かう都市計画道路。なんか、知らない間に開通したような感じがします。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(ざっと測ってみると、環状交差点から、中島駅東交差点までは延長約2km。私、15年くらい前に、ちょくちょく用事でこの界隈を訪れていたのですが、当時は、都市計画道路の形はほとんど見えていませんでした。15年で、2kmを一気に整備したのですかね…)

 で、可部が凄いのはそれだけではありません。まずは可部バイパス。この道路については、もう言及するまでもないですね。立派な幹線道路になりました。
クリックすると元のサイズで表示します

 これに加え、広島北IC方面に向かう道路。国道191号って言うのですっけ? それは昔からある道路ですが、その約300m南側に、その国道191号と並行して走る道路が出来ています。この道、昔からありましたっけ?? 全く記憶にないのですが…。
クリックすると元のサイズで表示します

 他にも、昔T字路(丁字路)だと認識していた道路が、いつの間にか十字路になっていたりと、この界隈の道路整備は、目を見張るようなものがある気がします。

 そして凄いのは、道路網整備だけじゃない。言わずと知れた、JR可部線の再延伸。安佐市民病院の移転と併せての延伸で、約2km延伸されました。
クリックすると元のサイズで表示します
(JR「あき亀山駅」と、新・安佐市民病院。)

 と言うことで、軌道系交通、道路交通網の両方の整備が進む可部地区。改めて街を歩いてみると、「良い街だな」と思います。交通網は整備されているし、街はそれなりに充実しているのに、なんか落ち着きがあるし。「都心部に通うなら、この辺りに住むのも良いな」と思います。

 この街、大きく言って2つの役割があると思います。1つは、「安芸太田町や北広島町などを含めた、広島県北西部の拠点」という役割。安佐市民病院などはその代表例で、この病院、安芸太田町や北広島町の方にとっても重要な病院のはずです。
 もう一つは、「広島都市圏の郊外の拠点」という役割。以前、「「市」のある町」と題して、五日市や海田市、そして安古市を取り上げましたが、町の雰囲気で言うと、西部の五日市や東部の海田市と比較するなら、北部は安古市よりも可部の方が雰囲気としては似ている感じがしますね。小さいながらも、繁華街的な街があって、その周辺に一戸建てが立ち並ぶ。落ち着いた、良い街だなと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
(まだまだ宅地開発も可能です。一戸建てを持つなら是非、可部地区も検討されてみてはいかがでしょうか?)





AutoPage最新お知らせ