広島・都市創生会議

 

インフォメーション

カレンダー

2018年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:its
>ビジョン
あまりこちらでコメントすることではないかもしれませんが・・・。

どういう組織がビジョンを立てるのか、がよくわかりません。
そういう組織なりがもしないとすると、てんでばらばらに再編が進むことになり、
結果、望ましい姿とはかけ離れた姿になってしまうかもしれませんね。

個別の想いはあちこちにそれなりのものがあるのは確かだなあ、
と感じているこの頃ですが、ビジョンを経て、
どう反映される道筋があるのだろう?というのが分かればいいですね。
投稿者:らっち
「ピンチをチャンスに変える絶好の機会」というのは、確かにそうかもしれません。
今後、広島のホールをどう再編していくのか、というビジョンが必要だと私は思っています。
 この2つのホールを両方残すことはまず不可能でしょうから、じゃあ、どちらを残すのか。劇団四季はどうするのか。広響はこのままで良いのか。
 市民球場跡地問題とも絡めて、実現可能なビジョンを作って欲しいですね。
投稿者:広島fan@兵庫
私はピンチをチャンスに変える絶好の機会と考えたいです。
どこか民間が名乗り出てくれないものでしょうか。
県営宮城球場のように良い話が転がり込んできませんかねぇ。
投稿者:its
まじですか。廃止、売却されてどうなるんですか。

再開発、ならこれも人口減少高齢化のあおり、の表れなのでしょうか・・・。

代わりに、市民球場跡地にゆったりした音のいい新しいのをつくる、
というわけには行かないのでしょうかね。

ほかにも文化系の施設が多いだけに、これら2ホールの話は、他所者からみると非常に危機感を持ってしまいます。
現・Tスクエアのコンサートに行ったなとか松岡直也さんにも行ったなとか、
もう想ひ出に浸っている間がありませんでした・・・うげげ。

インフォメーション

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ