イクワーチカのオーチン・ハラショーな日々

ロシアとハワイイが好きでバラライカとウクレレを愛する、寒暖均整のとれた嘘くさい暮らしを切り取ってお届けします♪

 
"ikuwa-ikuwachka"でtwitterやってます。このブログを更新した時はtwitterでお知らせしています★

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:イクワーチカ
マトリョーシカさま
バラライカまつりは、半分以上生徒の発表会的です。それにしては先生が豪華って感じ?
楽器によって曲のイメージが変わりますね。音色だけでなく、楽器それぞれに得意とする表現方法があるからだと思います。
私の弾き語りの歌詞は、ロシア語の訳そのままではなく、日本のあちこちで歌われているものから拾いました。丸ごとそのままお借りしたいものは見つけられず、耳で聞いて分かりにくい言葉や古めかしい言葉は勝手ながら言い替えさせていただきました。(が、某大御所より「歌詞が弱い」とご指摘を受けました。実は自分でもそう思っていたのですが、間奏でバラライカを弾く部分を作らないと自分がやっている意味がなく、そうこうしているうちに長くなり、、、 改善の余地ありです。)
投稿者:マトリョーシカ
先のコメントの<訂正>

(誤)お連れ様→(正)お疲れ様

※「お連れ様」は「バラライカ」だけ。(笑)
投稿者:マトリョーシカ
プロの演奏会と生徒さんの発表会がミックスしたようで、あ、こういうのも楽しい!と思いました。新鮮でした。メンデルスゾーンの「無言歌」は、私の大好きな曲の一つですが、チェロやヴァイオリンの演奏でしか聞いたことがなかったので、これまた、新しい魅力を発見しました。

イクワさんのバラライカによる弾き語りは意表を突くおもしろさ!詩の内容も<ロシア>を感じました(ひとりよがりか?)。痛い指を気遣いながらの演奏は大変だったでしょうねえ!お連れ様でした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ