イクワーチカのオーチン・ハラショーな日々

ロシアとハワイイが好きでバラライカとウクレレを愛する、寒暖均整のとれた嘘くさい暮らしを切り取ってお届けします♪

 
"ikuwa-ikuwachka"でtwitterやってます。このブログを更新した時はtwitterでお知らせしています★

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:イクワーチカ
ヤーマチカさま

あっちゃー(笑)
村かぁ。行きたいなぁ。
投稿者:ヤーマチカ
構わないサ〜(なぜか沖縄イントネーションで)。〜ヴォ(----во)が村の名だというのはすぐ分った。取りあえずの学校で習った知識には出て来ず、ロシア(当初はソ連でしたが)へ行ってみて全然知らなかったことに出くわすことは多々ありましたから。市街を出て遠出をすると、電車でも車でも、村境には必ず「−−−во」と看板が出ているのです。後の、何世紀から発展して云々は、昨深夜にロシアのサイトでいろいろ調べたにわか知識です。 ОЧАКОВОは日本語表記するにはオチャーコヴォだけど、実際の発音は「アチャーカヴァ」ネ。あっちゃ〜、やっぱ私って教え好きかも(笑)
投稿者:イクワーチカ
ヤーマチカさま
ありがとうございます!
自力で検証しないで書いてしまったこと、後悔して恥ずかしく感じています。
(ヤーマチカさん、やっぱり学者肌(*^^)v )
投稿者:ヤーマチカ
「オチャーコヴォ」は村の名前だと思いますよ。1960年からはモスクワ市に編入されましたが、12世紀頃から公爵の所領で、特に1812年のナポレオン戦争の時に、クトゥーゾフ将軍が陣を構えたことで有名な村。19世紀末に鉄道が敷設されてからは別荘地として発展し、ソ連時代の割と初期の1930年代にはレンガ造りのパン工場が作られてる。ビール製造にも絶好の環境だったろうと思いますが、現在のオチャーコヴォ・ビールが、(多分そうだろうと思うけど)旧オチャーコヴォ村の工場に由来するのか、単に名前だけを採ったのかは、私には分りません。(本社住所はモスクワで、クワスや天然飲料水、ジュース等も出しているようね)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ