イクワーチカのオーチン・ハラショーな日々

ロシアとハワイイが好きでバラライカとウクレレを愛する、寒暖均整のとれた嘘くさい暮らしを切り取ってお届けします♪

 
"ikuwa-ikuwachka"でtwitterやってます。このブログを更新した時はtwitterでお知らせしています★

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:イクワーチカ
tachinonさま

そのヒガンバナさんは、自分を気にしてくれる人がいることを知っていると思います。あいつら、すごく敏感だから。
投稿者:tachinon
私が月に何回かオルガン修理のお手伝いに行っている施設の裏、全く日が当たらなところにヒガンバナが2株ほど住んでます。秋に花を咲かせて今は「冬葉」を出して光合成しているのですが、直射日光まったく当たらず、空からの光だけで・・・カワイソーと思うけれどものすごい隙間に住んでいるので、彫る野も大変かも・・・そこの施設の人は、そこにさいているのを知っているのですが・・見るたびに「救出」してあげたい気分・・でもそのままが良いのでしようね。いつかこの建物が壊される時まで頑張って生きていくのでしょう。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ