イクワーチカのオーチン・ハラショーな日々

ロシアとハワイイが好きでバラライカとウクレレを愛する、寒暖均整のとれた嘘くさい暮らしを切り取ってお届けします♪

 
"ikuwa-ikuwachka"でtwitterやってます。このブログを更新した時はtwitterでお知らせしています★

カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:イクワーチカ
もたもと巨木になる性質なのですね。
私は、巨大な花が咲いている時にホオノキと判り、栗のような実でトチノキとわかる以外は判別不可能です。
投稿者:マトリョーシカ
わが家の庭にトチノキを思う存分伸ばしたら大変なことになります!ここら辺が限界というところで植木屋さんに芯を留めてもらってあります。それでもかなりの高さがありますから、柄の長い鎌で枝先をグィーーンと引き寄せ、必要な枚数の葉っぱをパキッパキッと欠きます。ホウバ焼にするホオノキと葉っぱが似ています。違い、調べてみますね。
投稿者:イクワーチカ
マトリョーシカさま

ご自宅にトチノキだなんて、きっと庭が広いのですね。実が打ち身に効くとは初耳です。焼酎浸け、ビワの葉ならやっていて、我が家の常備薬。
トチノキの葉のつき方は手のようで、一枚ずつも美しいですね。でも私、トチノキとホオノキ、葉っぱを見て区別がつかないのです。どちらも、めったに見ない木です。魚の下に敷いてみたいけれど、木の背が高くてとてもじゃないけど手が届きません。
投稿者:マトリョーシカ
イクワさん、栃の木の葉っぱは、形もよく大きかったでしょう?お刺身や焼き魚の下に敷いても美しく映えますよね。
投稿者:マトリョーシカ
わが家の庭に大木があり、実がぼとぼと落ちます。母は、「打ち身」に効くと言って焼酎に漬けていました。が、現代の私はすぐ病院に行けるので「使わないものは持たない」主義で拾いもしなかったのですが、牛乳配達のおばさんがやはり焼酎漬けを作るので欲しいと言って引き取ってくれます。こちらが有難がっています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ