CASIO カシオ 電波掛け時計パールホワイト IQ−1010J−7JF [IQ10 …No.1704  CASIO

CASIO カシオ 電波掛け時計パールホワイト IQ−1010J−7JF [IQ1010J7JF]
1,590円
CASIO 電波掛け時計 アナログ (パールホワイト) IQ-1010J-7JF 飽きのこない落ち着いたデザインです。 直径260ミリのスモールサイズの壁掛け電波時計です。 標準電波の受信状態がわかる電波受信ランプつき。 ★仕様★ ※日本全国対応(福島:40kHz、九州:60kHz)両局対応モデル ● 電波受信機能:自動受信/手動受信 自動選局機能付き (受信電波=長波標準電波JJY、周波数=40kHz/60kHz) ● 電波受信ランプ(電波受信状態をランプの点灯でお知らせ) ● 使用電池:アルカリ乾電池単3形×2 ● サイズ(H×W×D)/質量:260×260×44mm/714g ● 色:パールホワイト ● 素材:樹脂 ※ 電波受信が行われない場合は、通常のクオーツ精度(月差±30秒以内)で動作します。 ※ 商品の色は、若干風合いが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。 販売元:カシオ計算機株式会社


カシオ CASIO 腕時計 Gショック G-SHOCK DW-5600E-1
6,300円
カシオ CASIO Gショック (G-SHOCK) DW-5600E-1 腕時計どんな過酷な状況でも壊れない、タフな時計をつくる」ために何百の試作の末に生まれたG-SHOCK。映画「スピード」の中でキアヌ・リーブスが着用したことでさらに人気に火がついたこのGショックスピードシリーズ。1つは持っておきたい定番の商品です。 カラー 液晶(文字盤カラー)ブラック・黒(ベルトカラー) カラーについて 素材 ウレタン(ベルト素材)/樹脂(ベルト素材) 素材について 仕様 防水性 20気圧(200m) 防水性について 表示方式 デジタル機能1 デジタル表示/耐衝撃構造耐磁時計/ストップウオッチ/タイマー・時刻アラーム・時報/フルオートカレンダー/12/24時間制表示切替/ELバックライト(残照機能付き) 仕様について 寸法 文字盤直径:40×33mm(内径:30mm) ケース厚:11mm腕周り:最大約21cm重量:60gベルト幅:19mm サイズ調整寸法について 付属品 専用ケース取扱説明書保証書 保証書について 種別 商品状態 新品未使用 並行輸入品 種別について JANコード JANコード 79767554439 備考 ※当店取扱いの商品には、メーカー在庫も含まれております。また、複数の店舗にて販売しております関係上、タイミングによりましてはご注文いただいた商品の在庫が切れ、ご用意できなくなる場合もございます。在庫確保の可否につきましては、ご注文後にメールにてご案内差し上げます旨、予めご了承のほどお願い申し上げます。※掲載画像と実商品のカラーが若干異なることがございます。※付属品は仕様変更等により、若干異なることがございます。 ご利用案内 【家政婦のミタ着用!映画スピードモデル】カシオ[CASIO] Gショック[G-SHOCK] 日本未発売モデル DW-5600E-1 メンズ / カシオ・Gショック 5600シリーズ カシオ腕時計 メンズ腕時計 とけい 限定セール #1472【Aug08P3】


カシオ Gショック腕時計 DW-5600E-1V スピードモデル
8,400円
カシオG-SHOCKG-SHOCKが誇るタフの象徴、耐衝撃構造。モジュールを宙に浮かせるように包み込む中空構造のケース、落下衝撃からモジュールを守る全方向カバリング、基板に配置した重要部品の緩衝材による保護。すべては絶対に壊れない時計をつくるという、当時の常識を覆す発想から生まれました。1981年にプロジェクトチーム・タフ結成。 構造開発や部品改良に約2年の歳月を費やし、200を越えるプロトタイプが強度試験のため試作された。1983年にG-SHOCK初号機DW-5000C誕生。以来、G-SHOCKは耐衝撃という設計思想を継承し、さらなる高みを目指して進化を続けていくこととなる。サイズ・幅:49mm×43mm/厚さ:14mm/重さ:52g素材樹脂、ステンレス仕様・デジタル表示 ・耐衝撃構造耐磁時計 ・ストップウオッチ ・タイマー・時刻アラーム・時報 ・フルオートカレンダー ・12/24時間制表示切替 ・200m防水機能 ・ELバックライト(残照機能付き)付属品ケース・保証書・取扱説明書お客様へ当店では、世界中から本当に価値のあるアイテムをセレクトし本物が持つ素晴らしさをお客様に提案したいと考えております。すべてのお客様にご満足をいただけるよう、最高のサービスを提供していく事を目標とします。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ