じゅうのblog

日々、何気に感じていることを記録してみるのもイイかなぁと思い、blogを始めてみました。
どれくらい続くかなぁ・・・
まっ、気分に任せてやってみましょう。

 

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

昔の日記

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:じゅう
oruoさま≫
はじめまして!
コメントありがとうございます。

「密告電話の主」についてですが、、、
私は「久塚班長」だと解釈しています。

そう考えると、oruoさんのコメント通り、最初の密告電話の内容について疑問が生じますが、「警察に知らせて下さい」という内容は、「久塚班長」の本心ではなく、密告電話が悪戯ではなく本当なんだと「長嶺」に信じさせるために発した言葉だと解釈していました。

それ以上は、深く考えていませんでしたが、、、
この密告電話の内容でミスリードさせられましたね。
投稿者:oruo
はじめまして。
自分も『さまよう刃』を読んだばかりなのですが
「密告電話の主」について腑に落ちない点があり
他の解釈を探していてここにたどり着きました。

というのも,自分も最後を素直に読み
3回とも密告者は「久塚」だったと解したのですが
もしそうだとすれば最初の電話で
「警察に知らせて下さい」と言う意味が良く分からないのです。
(これが「警察への電話を恐れる中井からの密告に違いない」
というミスリーディングへと誘うわけですが)

この点は「この情報をどう活用するかは任せるよ。
ただ出来れば警察に提供して(復讐など考えないで)くれ」
という久塚のアンビバレントな心境の発露と解釈できなくもないのですが・・・

どうお考えになりますか?
投稿者:じゅう
CINQ1970さま≫
ホント、考えさせられる内容だよねぇ。
娘はいないけど、自分の家族がこんな目にあったら… と考えてしまいました。

鮎村の行動は、結果的に失敗したし、思慮が足らず格好悪いと思うんだけど、同じ立場だと、自分も同じような行動を取りかねないよなぁ… とも考えました。

難しいテーマです。

近々『赤い指』を読む予定です。
投稿者:CINQ1970
考えさせられました。
想像していた結末にならなかったのが残念です。

鮎村が何かしてくれるんじゃないかと期待をして読んでました。

携帯電話のことは酒井法子の件もあって「ありえねぇ」と思いながら、気になってました。

http://blog.oricon.co.jp/cinq
投稿者:じゅう
ゆかりへ》
そうだね、一緒に観に行きたいね。
ゴーギャン展も一緒に行けるといいけど、厳しそうだなぁ。
投稿者:ゆかり
映画、一緒に行けたらいいね(*^_^*)
投稿者:じゅう
koyapさま≫
久しぶりだね。
パタゴニアの製品は、最近、お気に入りです。
地方だと直営店がないと思うけど、よくそんなに買えたねぇ。
沢山ウェアを持っているのは羨ましいです。


でも、このコメント、前日の記事へのコメントだよね。
まっ、イイけど。
投稿者:koyap
昔パタゴニアが好きで、買いまくったので沢山ウェア持ってます。
10年ぐらい前に買ったのですが、どれも現役で着ることができます。
作りがいいので、愛着もわきますよ!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ