じゅうのblog

日々、何気に感じていることを記録してみるのもイイかなぁと思い、blogを始めてみました。
どれくらい続くかなぁ・・・
まっ、気分に任せてやってみましょう。

 

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

昔の日記

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:じゅう
NAOさん≫
大阪出張中でコメントが遅れました ^_^;
そうですね、本作に限らず「東野圭吾」作品は単純なミステリーの枠にとらわれず、考えさせられる作品が多いです。
時代背景等は違うものの「松本清張」作品とも通じる部分があると思います。

『赤い指』読まれましたか。
あの作品もとても印象深い作品です。
ひと言では語れない作品ですよねぇ。

出張中にも何冊か「東野圭吾」作品を読んだので、また、感想を載せますね。
投稿者:NAO
こんにちは。読まれたんですね〜。なかなか、考えさせられる作品(東野さんは総じてそうですが)ですよね。。私のほうは、じゅうさん奥さんに薦めていただいた「赤い指」を読みました。推理小説とか、そういう枠組みの外れたところで涙が出る作品でした。また、オススメあれば教えて下さい!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ