2006/11/23

一週間て早い!  現場の主任

 気が付けば一週間。帰社してからPCには向かうのですが・・・
結構な体力の消耗度。。

 
 更新するのにも気持ちがのらないときってありますよね?・・・なんて・・・



 今朝は、いつもの缶コーヒーの自販機で『当り』がでました。^^
ちょっといい感じ。。でも運を使いはたしたような。。(;^_^A



 チョッと振り返ります。





 17日

 この日は某所、防火水槽修繕工事。
いよいよスラブコンクリートを打設します。

 朝一で打設面を清掃。
余計なゴミ等が入らないようにしましょう。。

 終わり次第、型枠の表面に「はく離剤」というものを塗布。
こうしておくと、脱枠するときに綺麗に外せます。^^


 コンクリートを流し込む準備も完了したころ、ミキサー車が到着!良いタイミング。。
 今回も早強コンクリートを使用します!

 速やかに流し込み、バイブレーターで締め固めます。締めたところから順に、レーキと呼ばれる、まぁ、平らに均す道具なのですが・・・それで平らにします。
スラブの中央部分を、スラブの端から5oほど高く仕上げます。
こうしておけば、雨水が溜まることもありません。。

 金コテで押さえて、無事に完了。。




 18日

 この日は某所、RC(鉄筋コンクリート)造のマンションの仕上げ工事。

壁も天井も、1階の部屋は仕上がりました。
 照明器具、配線器具等を取付ます。。

 なんとか3世帯分完了。。



 その後は某所、工場事務室内の空調設備工事。
天井に埋め込むタイプ(天井カセット式といい、略して「天カセ」と言います。)のパッケージエアコンを6台設置します。
 今回も、養生と天井の開口工です。21:00に終了。。




 19日

 この日は某所、道路改良に伴う電気設備の臨時工事。

元請様の御指定場所に、6.3mの鋼管ポールを建柱。配電盤を取付、本柱(世間一般で言う電柱のことです。)から架線で引き込み、接続。
 
 小雨が降っていたのですが、やはり高所作業車は安全です。
無理をすることなく、本当に安全に作業ができるんです!

 電圧確認。送電!



 その後は某所、研究所内の給排水設備工事の積算。。




 20日

 この日は某所、民間の給水設備工事のはずだったのですが・・・
朝から雨。。
 
 仕方なく中止!

 でも10:00くらいには止んできました。^^これならなんとか作業できます!

 という訳で、先日施工した防火水槽の脱枠作業に行きましょう!
押さえの杭、単管パイプ、サポートを取り外します。
枠同士を固定してあるビスも外しましょう!

 脱枠完了です!

 毎回のことなのですが、この枠というのが結構な大きさ。
このまま倉庫に入れてしまうと・・・当分の間、そのまま放置されることになってしまいます。
なんとか出来ないものかと考えた結果、面倒でも面倒と思わず、現場でばらしてしまうことにしました!
 ここ数年は、必ず現場でばらすようにしてますね。
実際、不可能な場所もありますけど・・・


 そんなこんなで枠の解体も完了。
倉庫へ運搬、片付け完了!



 その後は某所、葬祭式場事務室新築工事に伴う電気設備工事。

照明器具、その他を取付。





 21日

 この日は前日できなかった、某所民間の給水設備工事。

今回配管する市道、道路改良が計画されております。現状は砕石の道路です。
舗装されていない道路を掘削するのは、舗装されている道路よりも楽なんです。。

 舗装を取り壊して運搬し、処分するのも結構大変。。
当然、御施主様の金銭的負担も増えてしまいますからね。。

 今回は幅600o、掘削深さ1250o。配管の管種は耐衝撃性硬質塩化ビニル管。管径は40o。
この日はとりあえず、25m施工。

 掘削後配管。良質の山砂にて埋め戻し・転圧。
GL−600oのところに、埋設標示シートを敷設。路盤の砕石は厚さ200oで埋め戻し・転圧。



 22日

 この日も前日と同じ現場。この日は20m施工。





 23日

 本日は・・・勤労感謝の日。
勤労出来るということに、感謝しながら作業しましょう!^^


 まずは、某所公共施設、電気設備改修工事の積算です。
メンテナンスをやらせていただいているのですが、修理する場所ごとに積算・御見積書を提出します。

 その後は某所、給水設備の準備。
今回は県道の歩道内から給水を取出します。
歩道部分の舗装を切断してきました。。

 取付道路入口も舗装されているのですが、今回は地中貫工事を実施します。
簡単に言うと、直径75oのトンネルを約8m掘ることにしました。。


 そんな感じで切断完了。


 帰って後片付け。




 今日も無事故で終了です。




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ