2008/11/30

チビネズミのショックな事件 まとめ  他の動物達

ショッキングな事件だったので
書こうかどうしようか迷いましたが
後々何かの役に立つかもしれないので書くことにしました。

今、家にいるチビネズミは45センチ水槽に
オスメス混在しています。
床材はパインチップ、紙砂(ほぐして巣材に)、牧草
深めに敷いています。
そこに回し車、給水器、エサ入れ、砂浴び場
隠れ家に陶器のタコツボ、紙箱。
巣は床材を掘って、紙をほぐし
トンネルを作ってそこで暮らしています。

特に何も問題なく
争いもなく平和に暮らしているようでした。

寒い日が続き、慌ててエアコンを28度に設定してつけっぱなしに。
急に暖かくなったからか、チビネズミの一部が発情しました。
事件が起こる2日前に交尾しているのを目撃。
激しい追いかけっこをしていましたが
求愛行動なので放置。

妊娠したらエサがたくさん必要だと思い
みかんとエサを沢山皿に入れ、
足の悪いおばあちゃんネズミの為に
一部床にばら撒きました。

そして今日、エサいれの横に死んでいるチビネズミが1匹。

おばあちゃんネズミの寿命がきたのかと思いましたが
よく見るとオス。
体には無数の噛み傷。
まるでヘルレイザー。
チビネズミは仲間の亡骸を食べることがあるので
最初はそれかと思いましたが、噛み傷はあっても
体に欠損の後はないので
争いの果てに亡くなったようです。

このオスは最近毛が禿げてきていたので、
調子はあまりよくなかったのかもしれません。
オス同士の目立った争いもなく、
隠れ場をいくつか用意していたので甘く見ていましたが
こんなことになるなんて・・・

エサに関して、ハゲ治療の為に果物やペットミルク(粉)、
チーズをあげたところだったので
特に問題があったとは思いません。

・発情期に争いがあったこと
・隠れ家(逃げ場)が足らなかったこと

これは問題があったと思います。

冬といってもエアコンで温度調節すると
繁殖する動物は多いです。
チビネズミに限らず、発情シーズンには
争いが起こりがちなので
皆さん気をつけてください。

↓よければ投票よろしくお願いします。
にほんブログ村 小動物ブログ 珍しい小動物へ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ