2008/12/24

だめでした  赤ちゃんメモ

ピグミーマウスの子だめでした。

前回ブログ書いた辞典で1匹行方不明
多分もう・・・

そのあと、色々
いろいろ
やってみたんですが

全然ダメで

離乳前の子供を親が育児放棄したら
人間にできることなんて無いです。
まだネコクラスのサイズなら
(それでも生き残る確率低いけど)

最後の最後にムダだと思っても
人口保育してみたんです。
コミミの強制給仕の道具と手順
まったく同じ方法で、ティッシュにくるんで口元にミルクを
そしたら飲むんです
1ミリあるかないかの小さな口を開いて
もぐもぐと・・・
でも、人工保育の一番の要は
・飲ませた後、ゲップをさせること
・お尻を舐めて排泄を促すこと
これはさすがにムリです。
小さすぎて縦向きに持って軽く揺らしたり
綿棒でそっと刺激したり
色々してみたけど目で確認するすべが無い

ついさっきまで頑張っていたんだけど
静かに旅立ってしまいました。
せめて最後は暖かくて、
お腹が満たされている状態であって欲しいと。
生きたかっただろうな・・・
悲しいけど
これも生き物のさだめ。
受け入れるしかないです。

もうひとつ悲しいことがありました。
このドサクサに、ピグミーマウスの若いメスが突然死。
なんで?
どうしうて?
と、放心中です。
数日前にオスに求愛されていたところだかったから
不安でしかたないです。
6



2008/12/24  20:45

投稿者:ちいたん

NANさん
コメントありがとうございます。
悲しいですね。
ミルクを懸命に飲んでる姿が忘れられなくてウジウジしてしまってます。
頭ではわかってるんですけどね。
メスが1匹になってしまいましたが
まだまだ希望はありますので
また報告します!

2008/12/24  9:50

投稿者:NAN

悲しいですねぇ・・・。なんで・・・。
育児放棄はブログ見てるだけで緊張感やもどかしさがよみがえってしまいます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ