2013/4/23

マドンナ・ヴェルデ  

最近、文庫本化がされなくて読みたいと思っていた 海堂尊さんの作品

マドンナ・ヴェルデ を読みました。

            クリックすると元のサイズで表示します

前作「ジーン・ワルツ」は曾根崎理恵(娘)の視点で、今回は山咲みどり(母)の視点で代理母として娘の子供を産む話です。

話の展開と巧みさは時間を忘れて読むので注意が必要です。(笑)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ