黙々と-part4

デモと映画と卓球と
本と旅と音楽と
友と花と旨いもん

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:KY生
>50年前の6月15日蛙は・・・
そうですか、蛙さんは現場に。
もしよろしければ、そのときの状況を書いていただけませんか?
 メールで送っていただいて、ブログにupしていきたいと思うのですが。
投稿者:やせ蛙
昨夜、小生も現場に行きました。丁度KY生さん達が帰って行った直後でした。その前に東大安田講堂で開かれた安保集会に参加していたのですが、閉会時刻になって、加藤登紀子さんが登壇、閉館時間がナンダ、ここは全共闘時代学生が占拠した場所だと長演説。小生も安田講堂占拠につき合わざるを得ず、献花の時間に間に合わないで、一人門前で黙祷を捧げました。50年前の6月15日蛙は南通用門から突入、議事堂構内で女学生の虐殺を知りました。あの時も雨が降っていました。樺さんは警官に頭を殴られ、手で頭をかばったところ、その手を警棒でめった打ちにされ、首を絞められ、倒れるところを膝で蹴られて脾臓が破裂した状態で殺されていました。高校生だった加藤登紀子も当日現場にいました。登喜子は樺美智子はゲバラと同じように、我々の心の中で生き続けていると、安田講堂の壇上から叫んでいました。たしかに樺さんの精神は生き続けていますよね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ