黙々と-part4

デモと映画と卓球と
本と旅と音楽と
友と花と旨いもん

 

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:KY生
”もぎり”やってたのかぁ、reimamaは。

金馬の落語にあるけど、”もぎり一つ!”っていって、升になみなみと注いでもらって、隅に塩おいて、ぐっと一気にあけて、”ご馳走さん”とかいって職人がさっそうと帰っていく。
永福町の駅前のバス停の前が酒屋でね、毎日帰り道にそういう風景を見てた。 おおきくなったら一度入ろうって思ってね。 小売の入り口と別に入り口があってカウンターがあって・・。
 ベネツィアは立ち飲みはなかったね、試飲はさせてたけど。 
 そもそも、Cafeが本来は立ち飲みのものだし、むしろ似ているのは エスプレッソを一気に飲んでさっと去っていく労働者やサラリーマンなんかが、日本の立ち飲みと近いと思ったなぁ。 エスプレッソは店によって、苦味とか微妙に違うんだよね、だからなじみの店が出来る。 一杯大体0.9ユーロ〜120円くらい。
駅の中のCafeのエスプレッソが一番好きだった。
投稿者:reimama
そうそう。
ベネチアから錦糸町の話でなんだけど(笑)、
駅前の酒屋がそうだったよ。
ウチは両親とも下戸だったから(誰に似たんじゃ?)買いに行くことはなかったけど、
大人になってよ〜く会社の帰りに立ち飲みしたよ〜(^^;)
店の片隅にちょこっとした木の板があって、
そこで量り売りの酒をもっきり注文。
ガラスの瓶の中の柿の種10円がつまみ。
懐かしい〜〜〜いいよねそんなのが。
ベネチア行ってみたいなぁ〜〜〜♪


http://ameblo.jp/reimama-param/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ