号外  

日本シリーズ移動日の今日、注目の球団発表がありました。
チーン。
戦力外通告です。

■来季の契約について (2007/10/29)
・樋口龍美(投手)、デニー(投手)、石川賢(投手)、三沢興一(投手)、金本明博(投手)、鎌田圭司(内野手)の6選手と来期の契約を結ばない事を通告しました。

報道などの論評を待たずに第一イメージを。

デニー・三沢の移籍組は已む無しの確信がありましたが、生え抜きに関してはそうキタかって印象です。
昨年までに切れる選手は放出しまくっただけに、ベテランはともかく若手の誰を切るのか残すのか今年は苦渋の決断だと思います。

樋口(31)は逆指名入団で即戦力左腕として遅咲き29歳でプロ入り、背番号も期待の21。
逆指名枠のもう一人、背番号20:中田賢一が活躍した翌日だけに明暗クッキリ。
樋口は入団後、腰手術など故障に泣き、3年間1軍登板なし。
ドラゴンズには、都裕次郎・近藤真市、今中慎二が左腕エースが突如故障に泣き、
ファンの間で復活を望む声が高まる伝統があり、樋口も2軍登板までこぎつけた時は、
8イニングを無失点と完璧な投球を見せ、新人王資格を持ちながらカムバック賞でも獲りそうなカリスマ性を感じていただけに、年齢的なタイムオーバーが残念です。

プロ野球界1の小兵(162センチ)鎌田(28)も同じく3年目。荒木井端の控えの一軍枠で3年間1軍昇格を果たしているだけに完成度はあるのですが、森岡・同期沢田・ルーキー岩崎とポジションが被り、打撃も結果が出なかった為に居場所がなくなったようです。

石川(26)は実質ドラフト2位の4年目。ヤクルト川島は大学の同期で背番号も28と期待の150km超右腕も、結局140kmそこそこに。

今年の前半戦で、ナゴヤのアナウンサーにまで“あれはイケませんね”と言われてしまった。ノリのとばっちりで育成枠騒動となった当事者、金本(19)。

【中日は中村ノリを急遽獲得した為に、クルスという新外国人を登録する選手枠が埋まってしまい、打者転向したばかりの高卒2年目の金本を4/26自由契約として育成枠に回す処置を球団が行なった。しかし選手会からシーズン中の自由契約にイチャモン。
セリーグ会長の強権で自由契約手続きが受け付けられず撤回。しかたなく6/8バレンタイン投手を自由契約にしてクルスを登録。なぜかコッチはクレームなし。。。??】

結局、今回戦力外となりました。早々の解雇はアマ球界に嫌われるので
そのうち育成枠選手として来季も契約すると予想してますが、
日本シリーズ期間中にプチ騒動が最勃発しないですかね。
http://www.zakzak.co.jp/spo/2007_05/s2007050206.html




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ