総括  

「清原、福留、松井秀と、これといった打者はすべて指名してきた」
中田スカウト部長や私のドラゴンズカラーの主張は、
「何年に1人の逸材がドラフト戦線に出てきた。だが、うちは5年後、10年後ではなく来年勝たないといけない。うちはセンターがいない。課題は左の外野で、足が速く、打てる選手だ」との落合監督の主張に押し切られました。

野本選手がどのレベルかわかりませんが
監督がそこまで来年に拘る決意は楽しみ。
(若手を贔屓せずに実力主義で今までと一緒かな)

それ以外は、岐阜城北・帝京・近江・中京と高校生指名が目立ちました。
近年のドラは高校生の育成は成果があがらず、
下位は中継ぎや守備で使える即戦力をコツコツ指名するイメージだったので。

中田部長が10分前まで大田を主張していたらしいので
付属高校-大学ラインを使ったけん制に押し切られた訳ではなかったようですが、

巨人以外でも入団した西武清原、阪神・ダイエー・中日でもありだった松井
に比べ、近鉄拒否の福留はイマイチ全国区人気ではありません。

巨人ファン以外からも応援される選手像からは離れましたかね。

今の巨人はノッテマス。。。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ