鉄道コム

2008/10/24  13:53

183系1000番代 「とき」 その1 : 秋っぽい写真  特急型電車(直流)
こんばんわ。
このところのアクセス数が余りにも異常な感じなので、昨日は敢えて地味なネタを選んだつもりだったのですが、592件という平日では過去最高のアクセス件数を記録してしまいました。一体どうなっているのかさっぱり分かりません。

で、どうしたら良いか分からなくなってしまったので、このところアップしていなかった上野発の特急群から183系1000番代をチョイスしてみました。

「とき」は上野〜新潟間を結ぶ上越線初の特急列車として、151系の車体に勾配抑速ブレーキを付加した161系で運転を開始しました。
その後直ぐにモーターを高性能化し、181系に改造されて運転されたことはご存知のことと思います。

しかし、耐寒耐雪構造ではない181系に豪雪地帯を走る「とき」は余りにも過酷であり、故障による運休が相次いだことから、耐寒耐雪性能を備えた新製車が待たれました。ここで誕生したのが、房総特急の183系をベースに耐寒耐雪仕様とした183系1000番代です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年11月6日 上越線 上牧〜水上間にて

利根川の上流「諏訪峡」を行く183系1000番代「とき」。紅葉にはちっと遅かったようで・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年11月6日 上越線 湯檜曽〜水上間にて

今年夏に1人で「SLみなかみ」に乗りに行ったときに寄った場所と同じアングルです。
天気も良くないようで、スッキリしない写真ですね。ここの鉄橋は水上駅から徒歩で10分くらいで行けるので、もっと通っておけば良かったな、と思いました。もう遅いですけど。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年1月5日 上越線 八木原〜群馬総社間にて

こちらは思いっきり冬の写真なんですが、何となく秋っぽい感じもするので乗せて見ました。逆光なのでヘッドマークが見えましぇん。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年9月6日 上越線 土合〜越後中里間にて

遠征でスキー場に無断で登って撮った写真。(すみません。)
これだけの大俯瞰だと、12両編成の「とき」も短く見えます。事務局長のlineさんもこのような写真を撮っていたと思います。絶対好みですよね。
※この写真だけは、クリックするとパソコン画面いっぱいくらいに大ききなるように設定しました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年 東北本線 蕨〜南浦和間にて

『何だ、1枚もヘッドマークが見えねーじゃねーか!』という方のために、季節に関係の無いヘッドマークの判る写真をアップしておきます。


正直なところ、この頃は全然好きじゃない車両でした。その車両を今になって必死に追いかけているんだから笑っちゃいますよね。
基本的には181系ばかりを撮っていましたが、さすがに「とき」が廃止になるということで、183系1000番代は昭和57年にメチャクチャ撮り始めたようです。

今年の11月8・9日に「とき」をパロった「トキめき新潟号」なんて走らせるみたいですが、一体どんなマークを掲げるのか楽しみですね。

183系1000番代の写真はあと2回分くらいありそうなので、また日を改めてアップしたいと思います。

鉄道ブログランキング ← 昨日はいつもくらいに戻りました。ありがとうございます!
0

2008/10/25  7:20

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
私等ぐらいの年齢になると、そろそろ誕生から廃車までお付き合いした車両が出てきますね。この間アップしたキハ183−900なんかもそうでした。
私もわざわざ俯瞰撮影まで行ったのに、天気が悪くて参りました。せっかく重たい機材持って上ったのに残念でした。
Wぽちども!

2008/10/24  23:40

投稿者:シービー
高校時代、上越線に夜行長岡行きで行って越後中里辺りで撮った事がありますが、181系183系1000番台も走っていた頃ですが、曇り空で上手く写ってなかったでした。
ボンネット形が淘汰され、183系1000番台に全てが置き換わって、ある意味車両の変遷をリアルに体験してるんだなぁ〜って思いましたね。

Wでごんす。

2008/10/24  22:16

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
私もグリーン車が1両外れた時点で風格がなくなったと思います。これは183系に限らず485系も同じですね。特に食堂車がなくなったとき、在来線の特急列車の時代が終わったような気がします。
その後あまり183系とかの撮影はしませんでした。やはり特急らしくない特急だったんでしょう。
今では臨時快速列車などに多用されていますが、新しいヘッドマークなど目先を変えて見ると面白いなぁ、なんて思っています。

2008/10/24  20:47

投稿者:キハ181つばさ
line様
私もD51やってほとんど見えない写真があります。あそこは線路まで距離があるのでどうしても長玉を使います。圧縮しちゃうんで、雪が降っている最中は厳しいですね。
このスキー場に行ったときは雨で、なかなかきつかったです。でもバリバリに若かったですからね(笑)。

2008/10/24  17:05

投稿者:宮オオ
こんにちは。
今では波動用として余生を送ってる183-1000だが、私としては「とき」「あまぎ」「踊り子」時代の全盛期の頃が光り輝いてたと思います。グリーン車2両をつなげ、2丁パンタを上げてた長大編成のあの頃を知ってるが故に、ホリデー快速や修学旅行などの団体列車で使われ、片パンのみでかつモノクラスのみの淋しい現存車を見ていると、「とき」廃止により運命を共にした181のほうがまだ幾分マシだったような気がしてなりません。
おしまいの写真のバックに写ってる芝園団地だが、かつての日本車輛蕨工場の跡に建てられたとはかなりあとまでー大学時代の頃にー知らなかったです。

それでは、この辺で失礼いたします。

2008/10/24  17:03

投稿者:line
諏訪峡のアングルも懐かしいですね。私も2度ほど行きました。ただ冬だったので降り始めるともう線路は見えないなんてこともありました。
俯瞰撮影にはスキー場はもってこいですが、リフトやゴンドラが動いてる時にしか行ってませんな。雪なしの時は自力で上がらないといけないので、結構大変だったのではないでしょうか。写真に写ってる鉄橋の麓には良く行きました。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ